ニュース
» 2015年03月10日 08時00分 公開

車両デザイン:「CX-3」のボディ新色「セラミックメタリック」は白でもシルバーでもない (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「クリスタルパールホワイトマイカ」「ソニックシルバー」と比較

 会見場では、セラミックメタリックと、「クリスタルパールホワイトマイカ」、大幅改良した「アテンザ」や「CX-5」に採用されている「ソニックシルバー」の比較展示を行った。クリスタルパールホワイトマイカは“白”、ソニックシルバーは“シルバー”と表現されることの多いボディカラーである。

 開発担当者は、「白でもシルバーでもない、ソウルレッドの赤とも共存できるような質感を持つ新色を目指してセラミックメタリックを開発した。実際に、太陽光のもとではホワイトパールのように、室内や夜間の照明のもとではグレーのようにも感じられる。CX-3というクルマのメッセージでもあるチャンレジを体現した新色に仕上がったと自負している」と述べている。

ボディカラーの比較その1 ボディカラーの比較その1。左から、「ソニックシルバー」「セラミックメタリック」「クリスタルパールホワイトマイカ」のカラーボードを順番に並べている(クリックで拡大)
ボディカラーの比較その2 ボディカラーの比較その2。左側が「セラミックメタリック」の「CX-3」のミニチュアとカラーボード、右側が「クリスタルパールホワイトマイカ」のもの(クリックで拡大)

「セラミックメタリック」は2コート

 こういった新型車向けに開発される新色は有料のオプションであることが多い。ソウルレッドも、税込み5万4000円となっている。これは、一般的なボディカラーが2層の2コートであるのに対して、ソウルレッドが3層の3コートだからだ。

 しかしセラミックメタリックは2コートなので、標準色の中から選択できる。新色であるにもかかわらず、追加料金が掛からないことは、ユーザーにとって魅力的な選択肢になるだろう。

関連キーワード

セラミック | 新色 | マツダ | 車両デザイン


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.