特集
» 2015年04月07日 11時00分 UPDATE

ラズパイ2で遊ぼうぜ:「Raspberry Pi 2」をイジリ倒す(基礎編2) HD対応とX Window Systemの起動 (3/3)

[作倉瑞歩,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

コンソールの解像度を変更する

 Raspberry PiとディスプレイとはHDMIで接続して利用するのが一般的と思われるが、デフォルトでは解像度が1280×720ピクセルなど低く設定されている。フルハイビジョン対応のディスプレイを使っている場合は、1920×1028まで解像度を上げることができる。

 まずはコマンドラインから以下のように入力する。

$ sudo nano /boot/config.txt

 ここ出ててくる「nano」は、Windowsのメモ帳のようなテキストエディタだ。ここから「uncomment to force a specific HDMI mode(this will force VGA)」という項目にある「hdmi_group」「hdmi_mode」の値をそれぞれ「2」と「82」にセットすればよい。これで1080pに対応した画面へと変更される。

 hdmi_groupにはCEAとDMTという2つの規格に沿った設定が可能だが(CEA=1、DMT=2)、CEAはTV出力をするとき、DMTはPC用ディスプレイに出力するときに設定する、と考えてよい。つまり今回は、PC用ディスプレイで1080pを出力する設定、という意味になる。hdmi_modeの値はこちらのサイトを参考にしてほしい。

hi_raspberry02_08.jpg 項目を変更したらctrl+xで終了。上書きするかを聞かれるので「y」と入力すればよい
hi_raspberry02_09.jpg 解像度が変更されたので、文字が小さくなった

X Window Systemを起動してデスクトップ環境を利用する

 Linuxの「X Window System」は、WindowsやMacのようにGUIでの利用を可能とするものだ。起動するにはシェルから「startx」とすればよい。Linuxをいじったことがある人ならおなじみのコマンドだろう。Raspberry Piには「LXDE」というデスクトップ環境が提供されている。

hi_raspberry02_10.jpg LXDEを起動した画面。タスクバーにはファイルマネージャーやコンソール画面を起動するアイコンもある。左のイチゴアイコンをクリックするとメニュー表示が可能。「ゲーム」という項目には「Minecraft」も用意されている
hi_raspberry02_11.jpg タスクバーにある地球のアイコンをクリックするとブラウザが起動する

 これでひと通りデスクトップ環境の設定までどうやらこぎ着けた。次回はWindows PCなどとリモート利用する方法について紹介していこう。

関連キーワード

Raspberry Pi | Raspberry Pi 2 | X Window System | ARM


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.