特集
» 2015年05月01日 17時00分 公開

Fabミニ四駆カップ 2015 Springリポート:Fabカスタム「ミニ四駆」でコースを駆け、そして華々しく散る!? (2/5)

[八木沢篤,MONOist]

散る前のマシン状態を画像でどうぞ!!

 それでは、最初の難所である急な下り坂で華々しく散る前の(きれいな状態の)マシンたちの姿をご覧いただこう。なお、誌面の都合上、全マシンの画像は紹介し切れないので、筆者の印象に残ったマシンを中心にお届けする。

 まずは、カルFabクラスに出場したマシンの一部を見ていこう。


「カルFabクラス」出場マシン

THE HAND 画像6 ネクスメディアさん&ギフトテンインダストリさんの合作「THE HAND」。フロント付近に4つのカムがあり、指をカタカタさせながら走行する。女性メンバーの手を3Dスキャンして、「FreeForm」で整えたものを利用
SolidWorks 画像7 「THE HAND」のシャーシ設計はギフトテンインダストリさんが担当。「SolidWorks」を活用したとのこと

MINE四駆 画像8 CAR DESIGN ACADEMYさんとアイジェットさんの合同チーム「MINE四駆」のボディ。事前にワークショップを開催して、車体半分のミニチュアクレイモデルを作成し、3Dスキャンしたものをベースに作ったのだとか。MINE四駆で誕生したマシンは、カルFabクラスだけでなくマジFabクラスにも出場していた
monofarm編集部 画像9 monofarm編集部さんのマシン。車載カメラ&LEDヘッドライトを搭載する。運転席には3Dスキャンしてミニチュア化した大木編集長の姿が!
monofarm編集部 画像10 monofarm編集部さんのマシンはホイールキャップ(緑色のパーツ)も3Dプリンタで作成
とよだ1とよだ2 画像11(左) とよださんの自作「レゴプレート」を活用したマシン/画像12(右) 3Dモデラボでもデータ公開中だ! ※画像クリックで拡大表示

3Dデータのダウンロードはこちらから!!:

ミニ四駆(MA)用レゴプレート

https://modelabo.itmedia.co.jp/2840/



日産 画像13 日産のカーデザイナーさんチームのマシン。名刺入れをミニ四駆に融合させた意欲的なデザイン。これで名刺交換したらどのようなコミュニケーションが生まれるのであろうか!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.