ニュース
» 2015年05月13日 16時00分 公開

「ハスラー」が「S-エネチャージ」搭載、1万5000円値上げもエコカー免税で相殺エコカー技術(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

価格差23万円の「ワゴンR」に対し「ハスラー」は1万5000円に

 2014年8月にワゴンRにS-エネチャージを採用した際に、FF車のJC08モード燃費は、エネチャージ搭載車の30.0km/lから8%向上の32.4km/lとなった。その一方で、S-エネチャージ搭載車とエネチャージ搭載車の価格差は約22万7880円とかなり大きかった(関連記事:スズキの「ワゴンR」がマイクロハイブリッド化、燃費向上も価格差は約23万円)。

 今回のハスラーにおけるS-エネチャージの採用では、価格差は1万5120円にとどまっている。スズキは、「ワゴンRのS-エネチャージ搭載車は、LEDイルミネーションランプや運転席シートヒーター、スケルトンリヤコンビランプ、ルーフアンテナ、ステアリングスイッチの変更など、一部改良による装備追加を行っている。エネチャージをS-エネチャージに変更しただけの今回のハスラーの場合と直接の比較はできない」としている。

「ワゴンR」の「S-エネチャージ」搭載車の外観「ワゴンR」の「エネチャージ」搭載車の外観 「ワゴンR」の「S-エネチャージ」搭載車(左)と「エネチャージ」搭載車(右)の外観比較。例えば、S-エネチャージ搭載車はフロントグリルにメッキが施されているが、エネチャージ搭載車にはない(クリックで拡大) 出典:スズキ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.