ニュース
» 2015年06月03日 05時00分 公開

製造ITニュース:“体験”を軸にビジネス基盤の提供を狙うダッソー、競合CADとの連携も可能に (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

競合CADも読み込める「パワーバイ」

 これらの例として、3Dエクスペリエンス・プラットフォームに新たな機能として組み込んだのが「パワーバイ」だ。

 パワーバイは、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム内で、さまざまなアプリケーションと連携し、これらのデータを共有できるようにする機能のこと。例えば、CADデータを含むあらゆるデータを取り込み、さらにこれらのデータを3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上から検索して簡単にアクセスするようなことができる。また、同社の競合ベンダーのCADアプリケーションを開き、アプリケーション内で編集し、そのデータを3Dエクスペリエンス・プラットフォームで保存・共有するというような使い方も可能だという。

photo 「パワーバイ」の機能の概要。競合ベンダーのCADデータとの連携が可能な点が特徴(クリックで拡大)※出典:ダッソー

 メンギニ氏は「“体験”を基軸にした経済では、技術だけがイノベーションにつながるわけではない。そのため技術者だけでなく、さまざまな役割の人々がイノベーションにつながる何かを生み出す可能性がある。そういう意味で人々の協力や連携が従来以上に重要になってくる。これらを実現するためには、デジタル基盤はこれらのすき間をなくし、シームレスにつながれるようにしなければならない」と語っている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.