特集
» 2015年06月24日 11時00分 公開

エコカー技術:クリーンディーゼルへ展開を広げるトヨタの「高熱効率・低燃費エンジン群」 (6/6)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

「GDエンジン」のグローバル展開を開始

 4つの開発コンセプトに基づく3つの取組みによりGDエンジンは完成した。1GD-FTVは、乗用車用ディーゼルエンジンとして世界トップとなる44%という最大熱効率を達成している。その一方で、排気量の低減により、排気量3.0lの1KD-FTVと比べて約30%の小型化を実現した。またGDエンジンとして、排気レイアウトをKDエンジンの18種類から3種類に集約するなどしてグローバル展開を行いやすくした。

 さらに加速能力も、エンジン低回転時は「トヨタ次世代高断熱ディーゼル燃焼」の効果により1KD-FTV比で42%、中回転時は新開発ターボチャージャーの効果により同53%向上している。加速時のエンジン燃焼音の大きさも、エンジン始動時などの低回転時で最大3dB低減。ディーゼルエンジンの課題である静粛性の向上に一役買っている。

「1GD-FTV」の加速性能と静粛性 「1GD-FTV」の加速性能と静粛性(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 1KD-FTVの仕様は以下の通り。排気量は2.8lで、エンジン気筒の内径×行程は92×103.6mm、圧縮比は15.6である。最高出力は130kW(3400rpm)、最大トルクは450Nm(1600〜2400rpm)、1200rpmという低速時のトルクも370Nmを確保している。一方、排気量が2.4lと少ない2KD-FTVは、1KD-FTVとエンジン骨格は共有している。エンジン気筒の内径×行程は92×90mmで、圧縮比は15.6。最高出力は100kW(3400rpm)、最大トルクは400Nm(1600〜2400rpm)、1200rpmの低速時トルクは330Nmになっている。

 GDエンジンの発表とともに、排気量1.4lのNDエンジンの改良も行うことをアナウンスした。欧州向けのオーリスや「ヤリス」といったCセグメント以下の車両に搭載する方針で、最大熱効率は41%を達成しているという。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.