ニュース
» 2015年07月13日 09時00分 公開

車載半導体:2020年に自動車1台当たり19個載るイメージセンサー、裏面照射型が鍵を握る (3/3)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

裏面照射型車載CMOSセンサーの新製品は「競合他社より高性能」

 オン・セミコンダクターでは、バックモニターやサラウンドビューなど向けを「ビューイング」、自動ブレーキやクルーズコントロールなどの運転支援システム向けを「ADAS(高度運転支援システム)」として分けている。

 この分け方は、各国地域における自動車安全に関わる法制度によって、ビューイングとADASの需要トレンドが異なるからだ。例えば、欧州はADAS重視だが、北米と日本はビューイング重視だという。

各国地域によって異なる車載CMOSセンサーの需要 各国地域によって異なる車載CMOSセンサーの需要(クリックで拡大) 出典:オン・セミコンダクター

 今後の車載イメージセンサーの成長をけん引すると見られるのがADASである。2019年に駐車支援と照明システムのシェアが低下するのは、ADASである自動ブレーキ向け距離検知や白線認識に使う車載イメージセンサーの市場規模が半分近くを占めるようになるからだ。

 オン・セミコンダクターはADAS向けに、画素数1.2Mピクセル(1280×960画素)の車載CMOSセンサー「AR0132AT」を2013年から量産している。実際に、車載カメラを用いた運転支援システムのサプライヤであるMobileyeの「EyeQ3」プラットフォームに標準採用されている。同社の試算によれば、AR0132を中心にADAS向け車載CMOSセンサーのシェアは70%に達するとしている。

 ただし、競合他社も指をくわえて見ているだけではない。オムニビジョンは2014年5月に「世界初」とする裏面照射型の車載CMOSセンサーを発表(関連記事:車載CMOSセンサーで「業界初」の裏面照射型、オムニビジョンがADAS向けに開発)。ソニーも、2014年11月に「世界最高感度」をうたう車載CMOSセンサーを発表している(なお、このCMOSセンサーは表面照射型である)。

 オン・セミコンダクターも、競合他社に対抗すべく裏面照射型の新製品を開発した。2015年7〜9月期にサンプル出荷を始め、2016年初には量産を開始する「AR0136AT」である。

「AR0136AT」の特徴 「AR0136AT」の特徴(クリックで拡大) 出典:オン・セミコンダクター

 AR0136ATの画素数はAR0132ATと同じ1.2Mピクセルだ。しかし、表面照射型のAR0132ATに対して、AR0136ATは裏面照射型となっており、感度やSN比が大幅に向上している。可視高感度がAR0132AT比で40%、低照度環境におけるSN比が同4倍以上、近赤外線性能が60%以上向上している。

従来品の「AR0132AT」と新製品「AR0136AT」の低照度環境における撮像結果の比較。照度環境は左側が1ルクス、右側が0.4ルクス(クリックで拡大) 出典:オン・セミコンダクター

 また、高い採用実績を誇るAR0132ATとの間で、端子互換とレジスタコントロール互換を確保している。例えば、AR0132ATを採用するMobileyeであれば、CMOSセンサー部のプリント基板の設計や制御プログラムを変更することなく、より高性能のAR0136ATに置き換えられるというわけだ。

 ウィリアムス氏は、「表面照射型の車載CMOSセンサーでは競合他社を上回る性能によって評価を受けた。裏面照射型の車載CMOSセンサーで市場投入では競合他社が先行したが、AR0136ATの性能はそれを上回る。AR0132ATからの移行が容易なことも含めて、拡売していきたい」と述べている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.