ニュース
» 2015年07月23日 10時00分 公開

医療用ヘッドマウントディスプレイは単眼と両眼どちらが本命か国際モダンホスピタルショウ2015(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

両眼式は遠隔医療で生きる

 ブラザー工業と同じく、メガネ型ウェアラブル端末の製品化に注力しているのがセイコーエプソンである。同社も国際モダンホスピタルショウ2015に出展し、2014年6月に発売した「MOVERIO(モべリオ)」と、2015年9月発売予定の「MOVERIO Pro(モべリオ プロ)」を展示していた。

 ブラザー工業がエアスカウターの新製品発売時に単眼式に変更したのに対して、セイコーエプソンはモベリオ、モべリオ プロとも両眼式である。

「モベリオ プロ」を装着した状態。両眼に映像がシースルーで表示される方式で、額に来るバンドの中央には高解像のステレオカメラが組み込まれている(クリックで拡大)

 セイコーエプソンが、モベリオの医療分野の用途として挙げていたのが、検査待ちの患者に検査の注意事項や内容を分かりやすく説明するための端末だ。CTやMRIは、検査時に狭い装置内部に身体を入れなくてはならないため、患者が不安を感じてしまうことが多い。そこで、モベリオを使って検査手順をあらかじめ説明しておけば不安を取り除ける上、ウェアラブル端末なので待合所に機器を設置する必要もない。

 ただしこの用途は医療分野として本流とは言いづらい。そこで、医療分野における両眼式のメガネ型ウェアラブル端末の可能性について同社の説明員に聞いてみた。

 「シースルーで映像を目の前に映し出すモベリオのような両眼式は、対象物に映像を重ねて表示できることが特徴になる。この特徴は、医療分野であれば、離島などで働く医療従事者を遠隔から支援する遠隔医療に活用できる。遠隔地にいる医療従事者にとって、自身の専門分野と異なる病気を本格的に治療することは難しい。手術を伴う場合はなおさらだ。しかし、両眼式のメガネ型ウェアラブル端末を使って、遠隔地にいる専門医がサポートすれば、患者をその専門医のいる病院まで移動させることなく治療できるかもしれない。そういった遠隔医療の用途での評価も少しずつ進めているところだ」(同説明員)という。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.