連載
» 2015年08月04日 10時00分 公開

AUTOSAR〜はじめの一歩、そしてその未来(2):AUTOSARとは?/What is AUTOSAR?−2015年版−(後編) (4/4)

[櫻井剛(イータス RTAソリューション シニア・コンサルタント),MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

「AUTOSARとは?−2015年版−」のまとめ

 1回当たり4000文字程度を目安に連載を引き受けたのだが、最初の「おさらい」だけでその倍を費やしてしまった。しかし、これはまだまだごく浅い概要レベルであり、これを起点にご自身で深掘りしていく必要があるということをここで強調したい。大量の情報と向き合う上では、避けられない事実である。当初は、「AUTOSAR導入の概要〜はじめてのAUTOSAR/Introduction to AUTOSAR−2015年版−」というセクションを入れるつもりだったが、こちらについては次回の第3回まで少々お待ちいただきたい。

 なお、私事で恐縮だが、仕事帰りによくお邪魔する飲食店で時々、著名なアニメ脚本家の方にお目にかかることがある。最近、その方とお話している中で「謙虚さ」や「遠慮」が話題となった際、ハッとさせられたことがあった。それは、次のような問いかけをいただいた時である。

「ある分野に初期から携わっている人間が、『その仕事をしていて、報われるのか?』と問われたときに、自信を持って『Yes!』と言えないでいたら、後から始める方に希望を与えることができるのか?」

 これまでの自分を振り返ると、希望を与えて差し上げられたのかという点では反省すべき点も多い。これまで見てきたように、AUTOSARは基本的には「土台」、つまり裏方であり、地味な存在である。それは間違いないが、そのことだけを強調しすぎていたのかもしれない。しかし、長年携わってきた以上、少なくとも「使えばいつかは報われる」と確信をもってお答えできるのは間違いない。

 次回からは、AUTOSAR導入に関し、乗り越えるべき壁だけではなく、それを助けるものや期待できることなど明るい面も可能な限りご紹介していきたい。

お知らせ

 筆者が現在所属するイータスでは、AUTOSARをはじめ車載ソフトウェア開発に関する「よろず相談会」を随時開催しています(要事前予約、初回無料)。詳しくは、申し込み用Webサイトまで。


【筆者紹介】
櫻井 剛(さくらい・つよし) イータス株式会社 RTAソリューション シニア・コンサルタント
2014年よりイータス株式会社。ECU開発(1998年〜)やAUTOSAR導入支援(2006年〜)における経験を生かしし、2015年現在、AUTOSARに関する全般的な支援業務、および、機能安全を含むシステム安全に関する研究に従事。修士(工学)およびシステム安全修士(専門職)。
イータス株式会社
http://www.etas.com/ja/


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.