特集
» 2015年09月15日 10時00分 公開

ママさん設計者が見た「コネクテッド・ハードウェア」:「PSYCHO-PASSサイコパス」の特殊拳銃「ドミネーター」再現とIoT (3/4)

[藤崎 淳子/Material工房・テクノフレキス,MONOist]

藤崎監視官!

 一通りお話を伺ったところで、お二人が“厚生省公安局刑事課一係の新人監視官気取り”のママさんに対して、このガジェット(いえ、銃器ですね)の取り扱い方を丁寧に指導してくださいました。

 さて潜在犯に扮した(?)狐塚氏を脅威判定します。今回、シビュラシステムの音声は脳内で再生するといたしましょう。

藤崎監視官の脳内再生:『犯罪係数オーバー100。執行モード・ノンリーサル・パラライザー。落ち着いて照準を定め、対象を“制圧”してください』

 次にトリガーを引くとエリミネーターに変形します。 

藤崎監視官の脳内再生:『対象の脅威判定が更新されました。犯罪係数オーバー300。執行対象です。セーフティを解除します。執行モード、リーサル・エリミネーター。落ち着いて照準を定め、対象を“排除”してください』

 再度トリガーを引くとパラライザーに戻ります。この一連の動きを連続写真でお見せします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.