ニュース
» 2015年09月28日 09時00分 公開

医療機器ニュース:パナソニックが介護関連事業を拡大、歩行支援ロボットなどを2016年度に投入 (2/3)

[朴尚洙,MONOist]

「自立支援型起立歩行アシストロボット」は小型軽量化

 そんなパナソニックの介護関連事業にとって、アジア最大規模の介護・リハビリ関連展示会である国際福祉機器展への出展は重要な位置付けとなっている。

 今回の国際福祉機器展ではさまざまな参考出品を予定しているが、会見ではそれらの中から、被介助者の動作をアシストする「自立支援型起立歩行アシストロボット」、リハビリ/介護予防のための「3D測定・訓練システム」、介護施設向けの「高齢者施設向けみまもりシステム」を披露した。

 自立支援型起立歩行アシストロボットは、被介助者がベッドから立ち上がってトイレに移動し着座するまでの動作などを楽に行えるようにアシストするものだ。操作自体は、被介助者ではなく、介護者が行う。

「自立支援型起立歩行アシストロボット」の外観(クリックで拡大)

 今回披露した製品は、2014年の国際福祉機器展で参考出品したものからさらにバージョンアップしている。外形寸法は、幅(前)550×幅(後)629×長さ791×高さ1200?と小型になり、設置面積は従来の約4分の3になっている。「トイレに入る際にロボットが邪魔にならないサイズにした」(同社)という。重量も68kgから48kgに軽量化された。さらに被介助者が装着する装具についても、ロボットと1タッチで接続できるタイプに変更している。

前回の国際福祉機器展で参考出品したものからさらにバージョンアップ。小型軽量化を果たした(クリックで拡大) 出典:パナソニック
ベッドからトイレへ移動する動作のアシスト例 ベッドからトイレへ移動する動作のアシスト例(クリックで拡大) 出典:パナソニック
「自立支援型起立歩行アシストロボット」デモンストレーションの様子。まずは被介助者役の女性が装具を装着し、介護者役の女性がロボットのアームの先端と装具を接続する(クリックで拡大)
装具の接続を完了した後、介護者が「上がる」ボタンを押し続けると、ロボットアームが上がって、被介護者は楽に立ち上がれる(クリックで拡大)
立ち上がった後は、被介助者はロボットアームの腕置きで体を支えながら、介護者がロボットを動かすのに合わせてトイレに移動する(クリックで拡大)
トイレに着いて、介護者が「下がる」ボタンを押し続ければ、ロボットアームがゆっくりと下がる。従来は、被介助者が急に腰を下ろすことで腰骨などを骨折するなどの問題があったが、「自立支援型起立歩行アシストロボット」を使えば解決できる(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.