連載
» 2015年10月01日 07時00分 公開

UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(前編)プロジェクトを成功させるモデリングの極意(1)(3/6 ページ)

[五味弘,MONOist]

モデリング手法めぐり

 ここではソフトウェア開発におけるモデリング手法にはどんなものがあるかを一巡りしていきましょう。

 ソフトウェア開発では多くのモデリング手法がありますが、これを図とともに簡単に見ていきましょう。

UML(Unified Modeling Language)

 UMLはソフトウェア開発で一番流行しているオブジェクトモデリング手法です。UMLは「Unified Modeling Language」の略で、ブーチとヤコブソン、ランボーの3人のメソロジストによって作られました。図1にクラス図を、図2にユースケース図を、図3にシーケンス図の例を示します。

modeling 図2. UML クラス図

 UMLではこれらを含む13個の図があり、クラス図ではクラスの静的側面を名前と属性、操作の3区画で表現し、クラス間を複数の関係で記述していきます。UMLに関する最初の注意としては、これらの図を多く作らないことです。必要な図を必要なときだけ必要な箇所でのみ作るようにしてください。

modeling 図3. UML ユースケース図
modeling 図4. UML シーケンス図

 この連載では個々のモデリング手法については深入りすることはしませんが、モデリングの手法としてはUMLが多く使われていますので、モデリングのコツをつかんでもらうためにも、UMLの長所と短所を後ほど紹介します。

SysML(Systems Modeling Language)

modeling 図5. SysML 要求図
modeling 図6. SysML パラメトリック図

 SysML はSystems Modeling Languageのことで、名前の示す通り、システム工学向きのモデリング言語です。SysMLはシステム工学向きだけでなく、要求図やパラメトリック図などの追加が行われ、また、より少ない図で記述できるようになっており、ソフトウェア開発にも利用できます。

 図4にSysMLで新たに加わった要求図の例を、図5にパラメトリック図の例です。要求図は名前の通り、要求を記述するモデル図で、パラメトリック図は実装の制約条件を記述する図になっています。ここがUMLよりも進歩しました。

 このSysMLも組み込み系開発では比較的使われています。「UMLとSysMLを知っていても活用できていない」というフレーズをこの連載記事に付けたのも、この2つのモデリング手法が多く使われているからです。後でUMLとの比較やSysMLの利点と欠点、使いこなしのコツを紹介します。

関連キーワード

モデルベース開発 | モデリング | UML | SysML


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.