特集
» 2015年10月28日 10時00分 公開

3DCG映画の制作現場から学ぶ:失敗するなら早めに――「アナ雪」「ベイマックス」をヒットに導いたディズニー式カイゼン (4/4)

[宮田健(dpost.jp),MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

将来的には「エフェクトもドラッグドロップで」

 今後、3DCG映画を作る上で、エフェクトのプレビズはどう進化するのだろうか。クーニー氏は「Foundation Effect」と呼ぶ仕組みを作りたいという。

 同氏のチームはMayaや「Nitro」などを組み合わせて作る「Box O' <stuff>」と呼ぶ仕組みを作っている。これはBox O' CloudsやBox O' Snow、Box O' Rainなど、さまざまな効果と動きを詰め込んだ、エフェクト・リグの「箱」だ。これらを用意しておくことで、映画を通じ、どのプロジェクトでも「エフェクトライブラリリグを利用できる。どの部門、どのパイプラインでも、ドラッグ&ドロップするだけでエフェクトが見られる」とクーニー氏は述べる。

 ウォルト・ディズニー・アニメーションでは、「アイデアこそがボス」という考え方がある。そのため、アイデアを視覚化し、イマジネーションを駆使しながら「早いうちから完成形」を作っていくという挑戦は、今後公開予定の作品の中でも続けられていくのだろう。


ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.