連載
» 2015年11月02日 07時00分 公開

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(3):UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか” (8/8)

[五味弘,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8       

擦り合わせ開発とモデリング

 擦り合わせ開発の難しさは、擦り合わせる組織の開発文化が異なることです。モデリングも同様で、モデリングの目的や手法、ツールがばらばらになっている可能性がありますので、文化を超えるモデリングが必要になります。

 このときのコツというか方針は、モデリングの基本に戻ることです。モデルとは何で、何を目的にし、何を対象にし、いつ誰がどのように作成するかをもう一度一致させる必要があります。実際は一挙に一致させることは難しいので、少しずつ、モデルを1個ずつ擦り合せていくのが吉です。その方が擦り合わせの効率が良くなるでしょう。モデル図の目的などの調整(擦り合わせ)も他の擦り合わせと同様に、少しずつ確実に実施してください。

 擦り合わせ開発を計画的に、何段階も行う開発のときは、モデリングも計画的に何段階にも分けて、擦り合わせしていきます。このときオブジェクト指向モデリングは武器になります。抽象度が高いので、ハードウェアを含む多くの場面で適用可能です。但しオブジェクト指向モデリングでは時間や制約条件の記述が弱いということがありますので、このときは別のモデリングをしてください。

参考:形式手法とモデリング

 形式手法でモデルは重要な概念で、モデリングが作業の中心になります。しかし、この連載では形式手法には触れず、別の機会にしたいと思います。形式手法でも軽量級形式手法と一般の(重量級)形式手法では、方針が異なり、モデル検査か形式的仕様記述かでも、モデリングが異なります。このときもモデリングの目的や粒度、対象を明確にしないとコストパフォーマンスが悪くなりますので注意してください。


モデラーへの長い道(第2回)

 今回の記事で触れてきたキーワードや教訓をモデラーへの長い道としてまとめています。詳細は本文を見てください。

  • UMLモデリングではサブグラフで階層記述
  • ユースケース図では目的を要求の理解に絞れ
  • UMLモデリングで全体の管理は別にする
  • UMLモデリングでは目的を絞れ
  • UMLモデリングでは図を多く描くな
  • モデリングは粒度、目的、対象を明確に
  • 必要なとき(工程)に必要な目的で必要な図だけモデリング
  • ウォーターフォールでは後戻りしなくていいモデリングを
  • アジャイルでは必要最小限のモデリング
  • モデリングとプロトタイピングは車の両輪(仮)
  • モデル図で差分を見つけるコツはレイアウトの乱れ
  • 既存部のモデリングは新規モデリングも早めに候補に
  • 擦り合わせ開発のモデリングは1個ずつ擦り合わせ

 次回はモデリングの失敗例を見ていきます。モデリングはなぜ失敗するのか、失敗例から私たちが学ぶこと、なぜ失敗がしたのかという原因分析、失敗を反面教師として役立てるにはどうすればいいのかなどを紹介する予定です。

 また今回、紙面の都合で紹介できなかったモデリングの実態調査の結果やモデリングの例、モデル駆動開発やモデルベースアプローチなども紹介する予定です。

著者プロフィール

五味弘(ごみひろし)

OKI(沖電気工業) シニアスペシャリスト、エバンジェリスト。博士(工学)。

ソフトウエアの開発支援・教育に従事。電子情報振興協会(JEITA)専門委員会の委員長や情報処理振興機構(IPA/SEC)などの委員多数。三重大学などの非常勤講師も務める。エンタープライズ系と組み込み系におけるソフトウエア開発の知見融合が関心事。

共著書に『定量的品質予測のススメ』(オーム社、2008年)、『プログラミング言語論』(コロナ社、2008年)などがある。


関連キーワード

モデルベース開発 | モデリング | UML | SysML


前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.