特集
» 2015年11月19日 10時00分 公開

インダストリー4.0は、日系製造業にピンチとチャンスをもたらしているインダストリー4.0(5/5 ページ)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5       

IoTを自社で推進する課題は「経営効果を明らかにできない」

 インダストリー4.0やIoTを自社で推進する際の課題として挙がったのが「経営効果を明らかにできない」(39%)という点である。続いて「協業含め、体制を構築できていない」(30%)、「何に取り組んで良いのか分からない」(20%)と続いている。危機感や期待感が高い一方で、具体的にこれらの取り組みをどう行動に移していいのか悩む様子がうかがえる(図12)。

photo 図12 自社で推進する際の課題 出典:日本能率協会コンサルティング

 また「インダストリー4.0やIoTを実現するために重要となる協業相手は?」という質問に対し、58%と半分以上の回答率を占めたのが「システムベンダー」となった。インダストリー4.0やIoTの実現には、ICTについての知見が欠かせず、その意味ではICT関連企業との結び付きを強化したいという意向が見える(図13)。

photo 図13 インダストリー4.0やIoTを実現するための協業先 出典:日本能率協会コンサルティング
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.