ニュース
» 2015年11月20日 07時00分 公開

zenmono通信:民間資本で月面を目指す! 「HAKUTO」のメカエンジニアが語る日本のモノづくり (5/7)

[zenmono/MONOist]

目に見えないモノづくりの勘所

enmono 古友さんって、今お幾つですか。

古友氏 僕、来週35歳です。今は34歳ですね。

enmono まだお若いですよね。今どき、現場でここまでやる人はいないんじゃないですか。モノづくりって割とスマートな感じになってきていて、日本でもサラーッと3次元CADでやってしまうみたいな。

古友氏 でも僕、後輩には結構怒鳴り散らしてましたけどね。

enmono それブラックな企業じゃないですか(笑)。

古友氏 いやいやいやいや(笑)。虐めたくてやっているわけじゃなくて、勘所っていうかモノづくりのポイントを外してしまうと、形にはなるけど性能は出ないということがよくあるので。そこは握ってほしいなという思いがあります。

enmono そこが身につくと後が楽だけど、そういうものは図面に反映しづらい。図面だけでやりとりできないところもありますよね。

古友氏 できるよう努力をして、絵に一生懸命落とし込むんですけど、確かにそういう部分はあります。ただ、絶対外したくない点っててそんなに多くはなくて、2点とか3点とかせいぜいそのくらいです。そういう時は加工屋さんに行って、「工場長〜これさぁ〜」って言いながら説明します。

enmono そういう環境があるって、日本はすごく恵まれていますよね。設計者としては。

古友氏 はい。今までエンジニアとしては非常にいい環境・人に恵まれて仕事ができたなと思っています。

enmono 技術の異なる制御系とか通信系はどうでしょう。やっぱり日本がいいとか海外がいいとかあるのでしょうか。メカ屋はどうしても電気が苦手だったりするじゃないですか。

古友氏 ぐぁっ!(笑)。

enmono 目に見えない世界は分からないとか。

古友氏 そうなんです僕、目に見えないもの得意じゃないんですよ。電気のハードウェアとかはまだマシなんですけどね……。ソフトとかは結構オフショア(委託発注)してたりするので。ただ、自分の経験の中では身近なところでしかやってないです。HAKUTOではアウトソースもしています。例えばモーターのドライバーとかは、協力会社に開発を委託するかたちで手伝ってもらっています。

enmono 必要な技術領域は多岐にわたりますもんね。

古友氏 広いんですよね。宇宙も広いんです。環境も厳しいし。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.