ニュース
» 2015年12月22日 07時00分 公開

ARM「mbed OS」の現状を読み解く3つのポイントARM TechCon 2015レポート(3/5 ページ)

[大原 雄介,MONOist]

mbed OSのエコシステム

 ではパートナーの動向は?というと、後でもう少しいろいろ写真でご紹介するとして、まずはスライドの方を。Photo04に示す通り複数のメーカーからmbed OSが動作するボードがリリースされているが、これを認証するものとしてARM mbed enabledというロゴが新たに制定された。これはmbed OSが動作する事を分かりやすく示してくれる。

Photo04:ちなみにこのスライド右下にあるURLはnot foundとなる。現時点では"https://www.mbed.com/en/about-mbed/mbed-enabled/"が当該ページとなる Photo04:ちなみにこのスライド右下にあるURLはnot foundとなる。現時点では"https://www.mbed.com/en/about-mbed/mbed-enabled/"が当該ページとなる

 また、新たにこのマーケットに参入するメーカーのためのレファレンスデザインの提供も開始するとした(Photo05)。ちなみにこのスライドに出てくる「Smart City Reference Designの詳細はPhoto06だ。

Photo05:この腕時計型については後で実物も Photo05:この腕時計型については後で実物も
AYIYA(Anything In Anything)は名前の通りIPv4/IPv6のトンネル Photo06:AYIYA(Anything In Anything)は名前の通りIPv4/IPv6のTunnel( https://www.sixxs.net/tools/ayiya/ )で、それとRaspberry Piの上で動かす程度でいい、というのがミソ。ただ6LoWPANのルーターは必要

 先のPhoto02にも出てきたが、現状、Wi-Fiはオプション扱いになるので、当面はIEEE802.15.4もしくはBluetoothでの接続になる。そのためクラウドとの接続はどのみちゲートウェイが必要になる。であれば別にIEEE802.15.4やBluetoothでなくてもいいし、特にウェアラブル用途では消費電力にシビアとなるのでSub 1GHz帯の方がメリットが大きい(特にある程度の到達距離を想定すると、周波数が低いほうが有利である)というあたりで選ばれたものと思われる。

 エコシステムに関係する部分でいえば、基調講演レポートで、Device Connectorにアプリケーション配布機能が追加されるスライドを紹介したが、こちらに関しては2016年に提供予定となっている(Photo07)。これに関係して開発ツールだが、現在はYottaとGCC+ARM CC5という組み合わせのみが提供されるが、恐らく2016年の早い時期にKeil MDKとCloud IDEが利用できるとしている。

Photo07:こうしたアプリケーション配布機能は、もちろん信頼できるサイトからでないとまずいわけで、こうしたものの構築を現在行っているということだろう Photo07:こうしたアプリケーション配布機能は、もちろん信頼できるサイトからでないとまずいわけで、こうしたものの構築を現在行っているということだろう
Photo08:Cloud IDEは要するに昔のmbedのオンラインIDEの延長にあるものと見て良い様だ Photo08:Cloud IDEは要するに昔のmbedのオンラインIDEの延長にあるものと見て良い様だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.