連載
» 2016年01月18日 10時00分 公開

“これからのエンジニア”の働き方(3):イノベーターになるための力を伸ばす秘訣 〜論理的思考力編〜 (2/2)

[桑山和彦(株式会社VSN VIエキスパート ),MONOist]
前のページへ 1|2       

 かのアインシュタインもこう言っています。

 「物事をシンプルに伝えられないのであれば、それはつまりあなたはそれを十分に理解していないということ」(If you can't explain it simply, you don't understand it well enough.)

 言語化しシンプルにまとめる、ということは、論理的にものごとを考え、理解することに深く関係するのです。

(3)大きな心を持って日々を過ごす

 「論理的」と言うと、シンプルで、ドライで、どちらかというと人間の「ハート」の部分と真逆にあるものを思い浮かべませんか?

 しかし私は、論理的であるためにはいかに素直で、ポジティブな心を持ってものごとに向き合っているかが非常に大切だと考えています。これができないと、どうしても論理的にものごとを考えられなくなってしまいます。

気持ちを安定させることも一つのスキル 気持ちを安定させることも一つのスキル

 ディスカッション中に少し気に入らないことを言われ、議論に勝とうとする気持ちが大きくなり、論理的思考が止まってしまう。他人のせいにすることで、目標達成のために自分が何をするべきかという考えを止めてしまう。後輩に新しいアイデアを出され、悔しくて却下してしまう――。

 感情的な不安定さが考えることをストップさせたり、アイデアを狭めてしまうことにつながるのです。精神的に安定することが、論理的に、建設的に、考える秘訣となります。何にでも誰にでも広い心と視野を持って接し、ゼロベースで考えられる土壌を自身の中に築きましょう。

 以上、論理的思考力を伸ばすための3つの秘訣をお伝えしました。これらの取り組みで論理的思考力を伸ばしてください。

 しかし前回お伝えした通り、論理的思考力は「個」としてのスキルです。組織におけるイノベーションにはこれだけでは不十分。次回はコミュニケーション力を伸ばす3つの秘訣をお伝えします。

筆者プロフィル

株式会社VSN VIエキスパート 桑山 和彦(くわやま かずひこ)

photo

通信機器、情報機器メーカーより株式会社VSNに転職。VSNに入社後はエレクトロニクスエンジニアとして半導体のデジタル回路設計やカメラ用SDK開発業務に携わる。

2013年より“派遣エンジニアがお客さまの問題を発見し、解決する”サービス、「バリューチェーン・イノベーター(以下、VI)」を推進するメンバー「バリューチェーン・イノベーター・プロフェッショナル」に抜擢。ビジネス・ブレークスルー大学・大学院の教授である斎藤顕一氏より問題解決手法の教示を受け、いくつもの問題解決事案に携わる。

現在はVIエキスパートとして、よりハイレベルなサービスの提供に向けての提案活動を牽引する他、社員の育成プログラムの構築〜実施を行う。

株式会社VSN http://www.vsn.co.jp/

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.