連載
» 2016年01月29日 15時00分 公開

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(48):クラウド3D CAD「Onshape」と「Fusion360」で2次元図面作成機能を試す (2/4)

[水野操 テクノロジーコラムニスト/3D-GAN,MONOist]

 ビューコマンドで、先ほど作成したパーツのビューを挿入することができます。正面とか平面とかは、プルダウンから選択できます。

プルダウンメニューから選択

 例えばこんなふうに作成できます。マウスの右クリックで隠線表示をするか選べます。

陰線表示を選ぶ
陰線表示ができた

 プロパティをクリックして、スケールを変更したりもできます。

スケールの変更

 で、他には何ができるんでしょうか?

 基本的にできることは、表示されているアイコンのメニューがほぼ全てと考えてよいと思いますので、アイコンの絵と文字でおおよその検討が付くのではないでしょうか。

 例えば断面を作るのは、「section view」のアイコンをクリックします。

「section view」を選択

 次に、垂直か水平かを選択します。

垂直か水平かを選択

 さらに断面を切る場所を指定します。

断面を切る方向を指定

 で、こんな感じで断面図ができました。

断面図ができた!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.