連載
» 2016年02月01日 07時00分 公開

モデリングを成功させるために――持続可能なモデリングを目指してプロジェクトを成功させるモデリングの極意(6)(8/9 ページ)

[五味弘,MONOist]

モデラーの育成とモデリング文化

 モデリングを成功させるために、モデラーの育成が重要です。UMLやSysMLを表面的に描けるようにする程度の育成は比較的容易ですが、「プロジェクトを成功に導くモデリングができるモデラー」の育成は容易ではありません。

 中級以上のモデリングでは、プログラムコードよりも思想が入ってきます。このモデル図では何を目的にし、何を描き、何を捨てて、どう見やすくして、何を強調して伝えたいのかなどを、中級以上のモデラーはモデリングで行います。

 この中級以上のモデラーを育成する方法としては、(1)メンター(または師匠、親方)による個人指導、(2)計画的な OJTなどがありますが、一般的には育成は難しいものです。

 効果的な育成方法がないので、育成そのものよりも育成のための環境整備が重要になります。つまりモデラーの育成として有効な施策としては、(3)育成環境の整備と、そのベースとなる(4)モデリング文化の醸成があります。図9にモデリングの育成の方法や施策を示します。

図9. モデラーの育成 図9. モデラーの育成

育成する環境整備が重要

 モデラー候補を選抜し、候補者に時間と機会を与えることができる環境の整備が必要です。候補者にモデリングを学び、また実際にモデリングをさせ、作成したモデル図を評価し、さらに改良していくというサイクルを通じて、育成していきます。その環境整備こそがモデラーの育成に必要です。

 このためには、指導者も必要であり、評価者も必要であり、モデリングをする仕事も必要です。そこで組織におけるモデリング文化の醸成が必要になってきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.