連載
» 2016年02月05日 09時00分 公開

Raspberry PiにAllJoynを移植して、IoTを自作する(4/10 ページ)

[橋本 尚(The Linux Foundation),MONOist]

4.3 Duktapeの導入

 ECMAScrpit(JavaScriptの標準)を解釈するコンパイラを導入します。Duktapeのバージョン1.2.1に対応しているそうです。もっと最近のバージョンでも大丈夫とは思いますが、まずは、ドキュメントに従います(私は1.2.3を使ってしまいました)。

 alljoyn-jsをビルドするために、Duktapeを単独でコンパイルすることは不要(下記のalljoyn-jsでソースを一緒に、コンパイルします)なのですが、テストを兼ねて、ビルドします。

 Duktapeのガイドに従って、ソースからコンパイルします。ダウンロードページから当該バージョンをダウンロードし、適当なディレクトリ(ここでは /usr/local/src とします)に展開します。流れとしては以下になります。

tar xvzfJ duktape-1.2.1.tar.xz
cd duktape-1.2.1

 以下のライブラリを導入します。

sudo apt-get install libncurses-dev libreadline-dev

 次に、Makefile.cmdlineを編集し、以下の行のコメントを外します。

CCOPTS += -DDUK_CMDLINE_FANCY
CCLIBS += -lreadline
CCLIBS += -lncurses

 コンパイルします。

make -f Makefile.cmdline

 コンパイルできたら、テストします。

 ./duk
 ((o) Duktape 1.2.2 (v1.2.2)
 duk> print('Hello world!')
 Hello world!
 = undefined
 CTL-Dで終了します。
 duk> Cleaning up…

4.4 ディレクトリの作成

 AllJoynをビルドする際には前提となるディレクトリ構成があるため、必要なファイルをダウンロードする前に、ディレクトリを作成しておきます。適当な場所に下記のように作成します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.