特集
» 2016年02月19日 10時00分 公開

デトロイトモーターショー2016 レポート:2016年のデトロイトショーを彩った和製スポーツカーの競演とセダンの復権 (3/6)

[川端由美,MONOist]

原油安を受けてピックアップトラックの新型が続々

トヨタ自動車「タコマ」シボレー「コロラド」 トヨタ自動車「タコマ」(左)とシボレー「コロラド」(右)などがピックアップトラック市場で人気を博している (クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車、General Motors

 ピックアップトラック市場では、フルサイズはFord Motor(フォード)の「F-150」が、ミドルサイズではトヨタ自動車「タコマ」が牙城を築いている。そこに一矢を報いるべく、日産自動車が世に送り出したのが「タイタン・ウォリアー」だ。カスタム風の外観に18インチホイールに大径のオフロードタイヤを履き、存在感は抜群だ。日産自動車は「タイタン」の販売に苦しんでいただけに、若者の目をひきそうなコンセプトモデルで話題を呼ぼうと試みたようだ。

若者の目を引くことを狙った日産自動車「タイタン・ウォリアー」 若者の目を引くことを狙った日産自動車「タイタン・ウォリアー」 (クリックして拡大)

 ミドルサイズのピックアップトラックのセグメントはシボレーブランド「コロラド」、トヨタ自動車「タコマ」といった競合がひしめくのだが、ホンダ「リッジライン」もモデルチェンジを受けて切り込んできた。

 リッジラインは、実はモノコック構造なのに、あえてフレーム風のラインを入れるなどアメリカの保守層に訴えようという努力の跡が見える。モノコックゆえの空間の余裕を生かすべく、荷台に音響システムを搭載するなど、独自の路線を狙う点にも着目したい。

モノコック構造なのに、あえてフレーム風のラインを入れたホンダ「リッジライン」 モノコック構造なのに、あえてフレーム風のラインを入れたホンダ「リッジライン」 (クリックして拡大)

 フルサイズのピックアップトラックも堅調だ。フォードは1976年から全米売り上げナンバーワンを誇るF-150をベースに、フォード・パフォーマンス・ヴィークルズの手でチューニングを施したスポーティ仕様「ラプター」を発表した。排気量3.5lのV型6気筒エコブーストと10速ATの組み合わせをチューニングし、V型8気筒エンジンを積んだ先代モデルの出力を上回る性能を引き出す。

1976年から全米売り上げナンバーワンを誇る「F-150」をベースにチューニングを施したスポーティ仕様の「ラプター」 1976年から全米売り上げナンバーワンを誇る「F-150」をベースにチューニングを施したスポーティ仕様の「ラプター」 (クリックして拡大)

 フォードのプレスカンファレンスでは、CEOのマーク・フィールズ氏と会長のビル・フォード氏がそろって「フォード・パス」という総合サービスを発表した。フォードの顧客として登録しておけば、駐車代の支払いがスマートフォンでできたり、24時間年中無休でガイドが対応したりするサービスを受けられる。また、「エクスペリエンス・センター」はニューヨーク市を皮切りに世界に展開する予定だ。

フォードが新たに展開する総合サービス「フォード・パス」 フォードが新たに展開する総合サービス「フォード・パス」 (クリックして拡大) 出典:Ford Motor

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.