連載
» 2016年03月10日 00時00分 公開

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(8):周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す (2/6)

[大原 雄介,MONOist]

充実のビルドインプログラム

 さて、まずはビルドインのソフトウェア(アプリケーション)を簡単にご紹介したい。添付のMicroSDカードをスロットに装着した上でACアダプターをつなぎ、電源をONにする(Photo03で左上の赤いボタンを押す)と、スタートアップ画面(Photo04)の後でメニューが出てくる(Photo05、06)。

MAX 10 NEEKのスタートアップ画面 Photo04:まず画面全体がホワイトアウトして、しばらくしてからこの画面になる。MicroSD経由ということもあり、処理はややゆっくり

 ソフトは「painter」「spider」「camera」「g_sensor」「hdmi_rx」「humidility_temperature」「mic_adc」と用意されている。

  • Painter(Photo07):マルチタッチスクリーンの動作サンプル。最大5本までのタッチを検出して、それぞれ別の色でペイントする。
  • Spider(Photo08):Terasicがリリースしているクモ型の多脚ロボット「Treasic Spider Robot」のコントローラーとなる機能。ちなみにこれを利用するためには別売りとなる「Terasic BTS-TMD Bluetooth Adapter」を併用する必要がある。
Photo05:メニューその1 実は2.のSpiderはマニュアルには記載されていなかったりする Photo05:メニュー(1) 実は2.のSpiderはマニュアルには記載されていなかったりする
メニューその2 指で選んでから、左下のLoadボタンを押すとそれぞれスタートする Photo06:メニュー(2) 指で選んでから、左下のLoadボタンを押すとそれぞれスタートする。ちなみにそれぞれを起動した後で再びメニューに戻る方法は無いので、電源Off→電源Onで戻る

Photo07:ちょっとタッチ感度がよすぎて、タッチ前に検出されることもあった Photo07:「Painter」の画面。ちょっとタッチ感度がよすぎて、タッチ前に検出されることもあった
Photo08:Bluetooth Adapterはちゃんと技適を通っているので国内でも利用可能。お値段はTerasicのサイトで50$だそうである。ちなみにSpider Robotは$1200 Photo08:Bluetooth Adapterはちゃんと技適を通っているので国内でも利用可能。お値段はTerasicのサイトで50$だそうである。ちなみにSpider Robotは$1200

MAX 10 NEEKから操縦できる、クモ型の多脚ロボット「Treasic Spider Robot」 MAX 10 NEEKから操縦できる、クモ型の多脚ロボット「Treasic Spider Robot」
  • camera(Photo09):フロントカメラの映像を画面に出力するだけの機能。ちなみに画面をタッチすると、そこを中心にフォーカスを合わせる機能(Photo10)も用意されている
あくまでカメラのデモなので、撮影して保存とかの機能は(もちろん)ない Photo09:あくまでカメラのデモなので、撮影して保存とかの機能は(もちろん)ない
Photo10:指で触ると、そこを中心にフォーカスを定める感じ Photo10:指で触ると、そこを中心にフォーカスを定める感じ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.