連載
» 2016年05月30日 11時00分 公開

いまさら聞けないHILS入門(2):HILSの仕組み (4/4)

[高尾英次郎,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

HILSのサイズ

 HILSが対象とする制御システムの種類や規模は多種多様ですので、HILSコンピュータのサイズもさまざまです。最小規模であれば、リアルタイムCPUとインタフェース回路を1枚のボードに搭載してPCの中に組み込むものが有ります(図4の(1))。小型のHILSコンピュータであれば、手のひらに乗る程度の小さなユニットにCPUと入出力モジュールを持つものがあり、小規模なシステムのHILSに向いています(図4の(2))。

 HILSシステムとしてパッケージ販売されているものの多くは、HILSコンピュータとインタフェースユニットを9インチラックに組み込んだタイプです。ラックの高さは60cm程度の机上に置けるものから、高さ2m程度のフルサイズまであります(図4の(3))。自動車用としての最大のものは、車両に搭載される100個以上のECUをまとめてテストできるビークルHILSと呼ばれるもので、フルサイズラックを数台組み合わせて、1部屋を丸ごと占有するものまであります(図4の(4))。

図4 図4 さまざまなサイズのHILSコンピュータ(クリックで拡大)


 次回は、HILSを構築するためのHILSの要件仕様の検討に向けて、HILSの入出力インタフェースのポイントとなるセンサー、アクチュエータの構造と機能について分析したいと思います。

筆者プロフィール

高尾 英次郎(たかお えいじろう) 「HILSとTestの案内人」

1950年生まれ。岐阜大学機械工学科卒業。三菱重工で大型船のエンジン・推進装置などの修繕業務を担当の後、三菱自動車(現三菱ふそうトラック・バス)に転籍。エンジンの燃費向上・排出ガス低減研究、車両の燃費向上研究を10年余および電子実験、電子設計などを20年余担当。ITKエンジニアリングジャパンを経て、現在はHILSとHILS Testにフォーカスしたコンサルティングを行っている。

HILSとの関わりは、バス用の機械式自動トランスミッション開発中に、ECUのソフト検証用として1990年にMS-DOS PCを使ってHILSをゼロから自主開発して以来のもの。



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.