ニュース
» 2016年06月16日 07時00分 公開

FAニュース:パナソニックが軽量の10.1型「タフパッド」を投入、国内の“現場”市場をけん引 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

氷漬けになっても動く耐久性と信頼性

 FZ-A2は10.1型の堅牢タブレット端末として「世界最軽量」(パナソニック)の約880g。携帯電話通信機能搭載モデルでは約890gとなる。外形寸法は幅272×奥行き196×厚み16.4mmである。耐落下120cm、防じん防滴IP65準拠、動作温度範囲−10〜50℃。駆動時間は9時間で、USB 3.1 Type-C、USB3.0、HDMI出力端子(標準サイズ)などの豊富なインタフェースを備える。画面輝度は800cd/m2と高輝度で、タッチパネルは手袋をしていても操作できる。Androidのバージョンは6.0で、CPUはくアッドコアのAtom x5−Z8550 1.44GHzを搭載。そして、パナソニック製モバイル端末の最大の特徴である、顧客が現場で求める多様なカスタマイズにも対応している。

“現場”の課題に対応する「FZ-A2」の機能 “現場”の課題に対応する「FZ-A2」の機能(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 会見では、“頑丈タブレット”と呼ぶFZ-A2の耐久性と信頼性についてデモンストレーションを行った。24時間の間、−20℃の環境で氷漬けにしたFZ-A2を披露し、周りの氷をハンマーで壊して画面の半分を露出させた後、電源を入れるという内容だ。

氷漬けの「FZ-A2」が登場ハンマーを振り下ろすと…… 氷漬けの「FZ-A2」が登場(左)。と言っても中は見えない。そしてハンマーを振り下ろすと……(右)(クリックで拡大)
氷が砕け散り中から「FZ-A2」の姿が起動すると、無事に初期画面に 氷が砕け散り中から「FZ-A2」の姿が(左)。氷が詰まって押しづらくなっていた電源ボタンを押しこんで起動すると、無事に初期画面に(右)(クリックで拡大)

 製品開発を担当したパナソニック AVCネットワークス社 ITプロダクツ事業部 開発センター モバイル開発部 ハード設計2課 主幹技師の北村信夫氏は「ビジネス分野におけるAndroidタブレットの活用が広がっている。Android 6.0で『Android for Work』が登場し、業務用アプリも充実しつつある。2015年の法人向けタブレット端末の世界市場は2500万台あったが、60%はAndroidだった。もちろん堅牢市場でも採用が広がると考えており、今回発表したFZ-A2などで需要を取り込みたい」と説明する。

タブレット端末の世界法人市場の推移 タブレット端末の世界法人市場の推移。2015年の2500万台のうち60%がAndroid(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 またAndroid端末の課題として挙げられるセキュリティについても、「Androidタフブックは数カ月に1回程度の頻度で、主にセキュリティ対応のためのアップデートを行っている。市販のAndroid端末にはないサービスだ」(北村氏)としている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.