特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年06月30日 08時00分 公開

スマートファクトリー:オムロンがスマート化を加速、FA製品完全IoT化に向けた第1弾製品発売 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

現場の末端までを「つなげる」

 オムロンではスマート工場の実現において、クラウドなどの上位層のネットワークに対し、工場の現場に近い領域を重点領域として取り組んでいく方針を示している。現在スマート工場化の流れの中で、現場情報の獲得と処理について、さまざまな議論が巻き起こっているところだが、従来ネットワークにつながっていなかった汎用センサーやスイッチ類の領域をIO-Link化することで、スマート工場の実現に近づけていく方針である。

 オムロンでは「今後数年間で加速度的に対応製品を増やしていく」としており、「2020年には既存センサーの半分をIO-Link化することを目標に取り組んでいく」としている。

photo オムロンが描くスマート工場の「つながり」の様子(クリックで拡大)出典:オムロン
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.