ニュース
» 2016年07月05日 17時00分 公開

車両デザイン:「86」と「BRZ」が大幅改良、MTモデルは出力とトルクが3%向上 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「BRZ」は上級グレード「GT」を2016年秋に発売

 86の外観デザインでは、フロントからリアまで細部にわたって空力性能向上を軸としたアイテムの設定/改良を実施した。フロントフェイスは、従来よりノーズ先端を下げてグリル開口を横へ拡大し、ワイド&ローな構えを強調した。1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えが可能な「Bi-Beam LEDヘッドランプ」を全車で標準装備とした他、LEDフロントフォグランプを採用するなどして、精悍さと先進性を強調したという。

「86」の空力性能向上を目的に改良を図った箇所「86」の空力性能向上を目的に改良を図った箇所 「86」の空力性能向上を目的に改良を図った箇所。ノーズフィン、フォグランプべゼルフィン、カナード(左)とフェンダーガーニッシュ(右)(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 リアビューは、バンパー黒加飾部位の幅の拡大などにより、「ハ」の字を強調するワイドスタンスな構えを表現。リアコンビネーションランプはLED化に加え、水平基調にランプを配置することで、シャープな印象を付与した。

「86」のフロントフェイス「86」のリアビュー 「86」のフロントフェイス(左)とリアビュー(右)(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 内装デザインでは、トヨタ車で最小となる直径362mmの真円ステアリングホイールを採用した。最適なグリップ断面形状を実現することで、操舵性と握り心地を徹底的に追求したとする。「GT」と「GT“Limited”」の両グレードでは、メータークラスタ中央のタコメーターで、最高出力付近の7000rpmが真上になるように設定した。加えて、メーター右側に、4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを配置。瞬間燃費や航続距離、「Gモニター」、「パワー・トルクカーブ」、「ストップウォッチ」といったさまざまな情報をドライバーに提供する。

「86」の内装「86」の内装 「86」の内装。上級グレード「GT“Limited”」は、インストルメントパネルやドアトリムなどに人工皮革の「グランリュクス」、シート表皮にパーフォレーション加工を施したアルカンターラなどを採用している(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
「86」のメータークラスタ 「86」のメータークラスタ。中央のタコメーターは、最高出力付近の7000rpmが真上になるように設定されている(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 BRZも86と同様に外観デザインの変更が図られている。新型BRZで注目を集めそうなのが、2016年秋発売を予定している上級グレード「GT」だろう。GTは、BRZの持つ走りのポテンシャルを最大限に高めるべく「bremboブレーキ」と「SACHSダンパー」を採用している。さらに、GTをベースとした特別仕様車「Yellow Edition」の先行予約を限定100台で2016年7月7日に始める。

「BRZ」の上級グレード「GT」の特別仕様車「Yellow Edition」 「BRZ」の上級グレード「GT」の特別仕様車「Yellow Edition」(クリックで拡大) 出典:富士重工業
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.