ニュース
» 2016年07月27日 10時00分 公開

産業用ロボット:ロボット新戦略を追い風に、“姿勢”に最適化したセンサーをパナソニックが開発 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

搬送車の移動時間を短縮し作業量拡大

 同センシングユニットによりロボットの姿勢検知を行えるようになることで、ロボットなどがより高速で移動でき高精度の動作を行うことができるとしている。例えば、搬送ロボットなどで荷台の姿勢制御を行うことで安定して稼働できる速度を高めることができ、搬送時間を短縮することなどが可能となる。実際にパナソニックが測定した結果では、搬送速度が上がることで搬送効率を約1.5倍に引き上げることに成功した他、走行精度が向上したことで、直進時誤差を3分の1以下に低減することに成功したとしている。

photo ロボット用センシングユニットの効果試算(クリックで拡大)出典:パナソニック

移動式産業用ロボットアーム市場などにも活路

 用途としては、搬送ロボットや飛行ロボット、作業用ロボット、対話ロボットなどを想定している。ロボット関連市場への新規参入企業の他、既存の産業用ロボット市場に対しても「最近は人との協調ロボットなども含め、ロボットアームを搬送車に載せて移動し作業を行うような市場が生まれてきている。こうした移動体には姿勢制御が必要になるのでニーズがあると考えている」(大森氏)。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.