ニュース
» 2016年09月06日 08時00分 公開

製造ITニュース:セルフサービス型データ分析の事業部門採用が拡大、クリックテックが会見 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

連想モデルがセルフサービス型データ分析に最適

 次に、プロダクト担当のフィッシャー氏が、セルフサービス型データ分析の導入におけるQlik製品の特徴を説明した。

 企業や組織に属するユーザーが自身の手でデータ分析を行って、業務を効率的に行えるようにするのがセルフサービス型データ分析である。しかしセルフサービス型データ分析では、各ユーザーのアクセス権限や外部へのデータ提供といったデータガバナンスが課題になる。

統制されていないセルフサービス型データ分析ガバナンスを実現したQlikのセルフサービス型データ分析 セルフサービス型データ分析の比較。統制されていない場合(左)とガバナンスを実現したQlikの場合(右)(クリックで拡大) 出典:クリックテック・ジャパン

 フィッシャー氏は「統制されていないセルフサービス型データ分析は無秩序を生む。Qlik製品はセルフサービス型でありながらガバナンスも実現している」と強調する。また、Qlik製品の強みは、独自のデータ分析のモデリングにあるともした。一般的な線形のデータ分析のモデリングとは異なる、独自の「連想(Associative)モデル」がセルフサービス型データ分析に最適だという。

一般的な線形のデータ分析のモデリングとQlikの「連想モデル」の比較 一般的な線形のデータ分析のモデリングとQlikの「連想モデル」の比較(クリックで拡大) 出典:クリックテック・ジャパン

 Qlik製品のポートフォリオは、連想モデルを中核とした「QIX連想エンジン」を基盤として、主に情報システム部門が利用している「QlikView」、事業部門での採用が拡大している「Qlik Sense/Qlik Analytics Platform」というアプリケーションがある。また、これらの付加価値サービスとしてレポーティング機能の「Qlik NPrinting」、株価指数や企業財務データなどを拡張する「Qlik DataMarket」がある。Qlik Senseの最新バージョンとなる「Qlik Sense Enterprise 3.0」は2016年6月にリリースされたばかりで、QlikViewは2016年後半に最新バージョンの12.1を投入する計画である。

Qlik製品のポートフォリオ Qlik製品のポートフォリオ(クリックで拡大) 出典:クリックテック・ジャパン

装置の不良箇所特定にかかる時間を10時間から10分に短縮

クリックテック・ジャパンの藤堂正憲氏 クリックテック・ジャパンの藤堂正憲氏

 記者説明会の最後に、日本法人であるクリックテック・ジャパン カントリージェネラルマネージャーの藤堂正憲氏が登壇した。藤堂氏は「国内外でBI/アナリティクスに対する投資が急速に伸びており、セルフサービス型データ分析で独自のポジションを築いているQlikの採用は好調だ。国内の採用事例を見ても、業種に穴がなく、企業規模も大手から中小まで幅広い。また2016年は、グローバル規模の自動車メーカーや製薬メーカー、製造業からの大型受注が続いている」と述べる。

 製造業にとっては、IoT(モノのインターネット)から得られるデータの利活用が大きな課題になっている。藤堂氏は、SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズのプリント基板製造装置における、QlikViewを用いた保守サービスの効率化事例を紹介。これまで装置の不良箇所を見つけるのに10時間かかっていたところを10分で済ませられるようになったという。

Qilkを採用した国内企業 Qilkを採用した国内企業(クリックで拡大) 出典:クリックテック・ジャパン

 またマッカリック氏が紹介したセルフサービス型データ分析について、「Qlikがリードしている市場だ。いわゆるLOB、事業部門が、ITの専門知識を有していなくてもデータ分析を行いたいというニーズをくみ取っている」(藤堂氏)とした。今後は、事業部門のみならず、ホワイトカラーや現場のブルーカラーまで含めて、企業や組織の100%の人員がデータ分析とその利活用を行えるようにしたい考えだ。

Qilkの今後の事業展開 Qilkの今後の事業展開。現在は情報システム部門から事業部門へユーザーを拡大している段階で、今後はインフォメーションワーカー(ホワイトカラー)から、オペレーションワーカー(ブルーカラー)まですそ野を広げたい考えだ(クリックで拡大) 出典:クリックテック・ジャパン

関連キーワード

BI | QlikView | 製造ITニュース


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.