特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2016年09月06日 10時00分 公開

“言行一致”のIoTソリューションで製造品質を見える化する製造業×IoT キーマンインタビュー(4/4 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

分断されているITとPracticeを言行一致ソリューションで統合

MONOist 複合機の管理サービスや製造業の見える化といったIoTソリューションを提供する背景にはどのような考え方があるのでしょうか。

永岡氏 当社はソリューションビジネスにおいて「言行一致」を掲げている。自社の改革実績と現場での失敗をも含めたノウハウ、そして最新のITソリューションの活用によって顧客の課題を解決を目指しているからこそ「言行一致」というわけだ。

富士ゼロックスの言行一致ソリューションのコンセプト 富士ゼロックスの言行一致ソリューションのコンセプト(クリックで拡大) 出典:富士ゼロックス

 IoTを含めたITによって、さまざまな情報をデジタル化/見える化することはできる。しかし、各企業の文化や組織風土、仕事のやり方に基づく、非構造化情報、非定型化情報。日々発生する業務活動といった「Practice(実務)」の領域の情報は、業務実態の可視化が困難で、標準化されておらずバラバラのままだ。

 当社のソリューションは、ITによるデジタル化で得た情報と、言行一致活動の実践で可視化されたPracticeを統合するのに役立つと確信している。先に挙げたSCQMやEP-BBといったIoTソリューションも、その一環となる。

分断されているITとPractice言行一致ソリューションで統合 分断されているITとPractice(左)を言行一致ソリューションで統合する(右)(クリックで拡大) 出典:富士ゼロックス

MONOist 製造業向けIoTソリューションを展開する上で、ドイツのインダストリー4.0や米国のインダストリアルインターネットなどの標準化の動向と無縁ではいられません。

富士ゼロックスの永岡大治氏

永岡氏 SCQMの標準化インタフェースのことを考慮して、インダストリー4.0、インダストリアルインターネットともその動向を常にチェックしている。ドイツや米国は、共同して標準を作っていく力が強く、その標準を基に、各社がどのように活用するかで競争する。日本は標準化づくりで協力する意識が希薄で、それぞれの会社で工夫を積み重ねて効率化を目指そうとする。

 そして、個社の工夫による効率化の取り組みをITとして実装するときに、独自の通信規格を作ってしまったりする。その部分を標準化しているドイツや米国と比べて、トータルとして安くて効率的になるかどうかは、しっかり検討すべきだろう。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.