VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
特集
» 2016年09月14日 07時00分 公開

Autodesk University Japan 2016:「Design」「Make」「Use」が融合する時代、設計者の役割も変わる? (2/3)

[朴尚洙,MONOist]

フォードはVR技術で自動車開発プロセスを革新する

 さらにブラム氏は、Ford Motor(フォード)における3つのプロセスの融合に向けた取り組みを紹介した。フォードは、自動車の設計のために作成したCADデータとVR(仮想現実)技術を組み合わせたAR(拡張現実)ラボ「FiVE(Ford’s immersive Vehicle Environment)」の実用化に取り組んでいる。

フォードの「FiVE」で用いているHMDフォード「FiVE」のHMD装着者への見え方 フォードの「FiVE」で用いているHMD(左)と装着者への見え方(右)(クリックで拡大) 出典:オートデスク

 FiVEのメリットは、設計(Design)中の自動車が実車として完成する以前の段階から、その設計内容を製造(Make)やマーケティング(Use)にどのように反映できるかを実体験できることだ。単なるCADデータではなく、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着して、4K映像による車両デザインを外観から内装まで、立体視によって確認できる。また、世界各地の拠点を結ぶことによって、最適なローカライズなどのグローバル協業も図れるという。

「FiVE」を使えば、カーエアコンから流れる空気流のCAEの結果なども見られる 「FiVE」を使えば、カーエアコンから流れる空気流のCAEの結果なども見られる(クリックで拡大) 出典:オートデスク

 Autodesk University Japan 2016の展示会場でも、製造業向けと建設業向けに2種類のVR体験コーナーを用意。製造業向けでは、フォードのFiVEに採用されたのと同じデザイン支援ソフトウェア「VRED」を、建設業向けは「STINGRAY」を用いていた。

「Autodesk University Japan 2016」展示会場のVR体験コーナー 「Autodesk University Japan 2016」展示会場のVR体験コーナー(クリックで拡大)

 この他、航空機の凍結防止業務を請け負うPremier Deicersにおける、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)を活用した事例も取り上げた。2008年、米国で起こった大寒波により、シカゴのオヘア空港では450便ものフライトがキャンセルする事態に陥った。

 凍結防止剤の不足によってこの事態に対応できなかったPremier Deicersは、凍結防止剤のタンクをはじめ、凍結防止業務に関わるさまざまな部品にセンサーを埋め込み、それらのセンサー情報により、凍結防止業務の状況を把握するシステムを作り上げた。センサー情報を集約し、見える化する管理ツールには「Fusion Connect」が採用されている。

Premier DeicersがIoTシステムで収集しているセンサー情報 Premier DeicersがIoTシステムで収集しているセンサー情報(クリックで拡大) 出典:オートデスク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.