特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年10月04日 14時00分 公開

CEATEC 2016:日本を第4次産業革命の中心地へ、設立1年となるIoT推進コンソーシアムの現在地 (3/3)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

IoTセキュリティWG

 IoTセキュリティWGでは、IoTにおけるサイバーセキュリティの確保を目指した取り組みを進めている。具体的には、IoTシステムとサービスなどの提供において、ライフサイクルの段階(方針、分析、設計、構築、運用)ごとに定めた「IoTセキュリティガイドラインver1.0」を策定した※)

※)関連記事:「つながる世界の開発方針」IPAが公開、IoT推進コンソーシアムに採用働きかける

 具体的には、各段階で以下のような指針を紹介している。

  • 方針:IoTの性質を考慮した基本方針を定める
  • 分析:IoTのリスクを認識する
  • 設計:守るべきものを守る設計を考える
  • 構築:ネットワーク上での対策を考える
  • 運用:安全安心な状態を維持し、情報発信と共有を行う

データ流通促進WG

 データ流通促進WGでは、分野や産業の壁を越えたデータ流通取引の活性化を目的とし、ユースケースをベースに取引実施に当たる課題やアプローチ方法を整理することで、業界横断的なデータ利活用の土台を作っていくことを目指す。2016年7月にはカメラ画像の利活用に特化した「カメラ画像利活用SWG」を設置し、ガイドブックの作成を行う計画としている。

国際連携も実施

 これらの活動に加えて、2016年10月3日には、米国の「インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)」と「OpenFog Consortium(オープンフォグコンソーシアム)」と提携することで覚書を結んだ※)。既に協力体制構築を進めているドイツとの関係も含め、日独米の先進団体が連携し、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)の価値実現に向けて取り組みを進めていく方針である。

※)関連記事:IoTで新たに日米連携、日独米の協力体制構築へ

CEATEC JAPAN 2016(シーテック ジャパン 2016)

CEATEC JAPAN 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.