ニュース
» 2016年10月12日 10時00分 公開

さまざまなCADのネイティブデータが編集可能、他社CADライセンス購入不要な「SOLIDWORKS 2017」CADニュース(3/3 ページ)

[小林由美,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

新製品「SOLIDWORKS PCB」

 SOLIDWORKS PCBはメカCADであるSOLIDWORKSとも連携が可能な基板設計ツールで、日本では2017年春に公開予定だ。同製品には回路図エディタも含まれている。「PCBWorks」の開発元・Altiumの技術を活用し、SOLIDWORKSが売りとしてきた「使いやすさ」を兼ね備える製品を目指すという。

SOLIDWORKS PCBの画面(出典:ダッソー・システムズ・ソリッドワークス)

ビュワー関連

 3Dデータビュア―「eDrawings 2017」については対応する3Dデータフォーマットを新規追加した(以下)。以降も、対応フォーマットを次々と増やしていく予定だ。

  • Inventor
  • CATIA V5
  • IGES
  • STEP(AP242を含む)

 旧バージョンから対応していたフォーマットは以下。

  • SOLIDWORKS
  • 3DXML
  • CALS
  • Pro/ENGINEER
  • DXFおよびDWG

 Drawings 2017のアンドロイド版に限り、「Google Cardboard」に対応し、簡易なVR機能が利用できる。

Google Cardboardとスマートフォン

関連キーワード

CAD | 3次元CAD(3D CAD) | CADニュース


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.