ニュース
» 2016年10月18日 11時00分 公開

「波形特徴量抽出エンジン」で予防保全を可能に、アクセンチュアが分析事業に注力製造ITニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

インテルとの協業をアピール

 会見には、インテルの執行役員 インダストリー事業本部長の張磊氏も登壇した。2014年から、アクセンチュアとインテルはグローバルでの協業を発表している。張氏は「IoT(モノのインターネット)時代は、分析スピードをいかに早くしてリアルタイムに近づけるかが重要だ。当社のエッジコンピューティングやセキュリティ、ソフトウェア技術によってアクセンチュアのIoTソリューションの価値を高めて、課題解決に貢献できる」と述べ、両社の協調体制をアピールした。

握手するインテルの張磊氏(左)とアクセンチュアの工藤氏(右) 握手するインテルの張磊氏(左)とアクセンチュアの工藤氏(右)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.