ニュース
» 2016年10月26日 15時00分 公開

ルネサスが高機能な産業機器向けにLinux開発環境を提供、エコシステムが充実組み込み開発ニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

Linux関連のオープンソース活動の成果を製品展開に絡める

 RZ/G Linuxプラットフォームで注目すべきは、クラウド上で実現した開発ツール、動作検証済みミドルウェア、対応評価ボードなども含めて、さまざまなパートナーと連名で発表を行っている点だ。

 クラウド上で実現した開発ツールについては、クラウドに日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」を採用し、環境整備と運用ではソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスの協力を得たとしている。

 ミドルウェアは、NECの顔検出/顔照合エンジン「NeoFace」、NECソリューションイノベータの性別・年齢自動推定システム「FieldAnalyst」、図研エルミックのネットワークカメラモニタリング用ONVIFプロトコル「Ze-PRO IPmon」と同RTPプロトコル「Ze-PRO RTP」を動作検証済みとしている。

 同プラットフォームに対応するRZ/Gシリーズの評価ボードを提供予定のパートナーとして、アイウェーブ・ジャパン、日立超LSIシステムズ、アルファプロジェクト、シリコンリナックスなどを挙げており、さらにこれらの評価ボードはそのまま量産製品に組み込むことが可能ともしている。

 またGUI開発のフレームワークとして広く用いられているQtについても、Qtのバージョン5で初の長期間サポート版となったQt5.6を採用した。Qtの動作検証はSRAが実施した。

 ルネサスは、これまでもSoC製品の評価用にLinuxプラットフォームを提供していたが、ここまでエコシステムの環境整備を前面に押し出した例は少ない。同社は2014年5月にLinux Foundationのゴールドメンバーとなってから、産業機器向けの長期メンテナンスカーネル(LTSI)に関する活動に力を入れており、車載Linux「Automotive Grade Linux(AGL)」の開発にも積極的に関与している。今回の発表は、これらのLinux関連のオープンソース活動を、製品展開に積極的に絡めたものといえるだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.