ニュース
» 2016年10月31日 11時00分 公開

製造業IoT:ノンプログラミングでIoTアプリを開発できる、DIY型のIoT開発も可能に (3/3)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

Cerevoとの協業で「DIY型IoT」開発へ

 インフォテリアはPlatioの発表に合わせてCerevoとの協業も発表した。Cerevoは2015年7月、小型IoT機器開発向けモジュールBlueNinjaを発表している(関連記事:「試作即量産」重さ2gのBLE搭載超小型IoTモジュール、Cerevoより)。今回の協業では、PlatioからBlueNinjaのプロファイルへワンタッチで接続できるようにし、PlatioによるノンプログラマブルのIoTアプリ開発のフレームワークをBlueNinjaにも展開できるようにする。

Cerevoの岩佐琢磨氏(左)とインフォテリアの平野氏(右) Cerevoの岩佐琢磨氏(左)とインフォテリアの平野氏(右)

 会見に登壇したCerevo社長の岩佐琢磨氏は「1年前に発表したBlueNinjaへの問い合わせは多く、工場での計測や、機械の作動状況監視などに利用されている。これまでは、コンサルティングなども含めて顧客に対応していたが、それだと開発にどうしてもお金や時間がかかってしまう。そこで“DIY(Do It Yourself)”でIoT開発をやってみてはどうかというコンセプトでインフォテリアと協業することにした。実際に、PlatioとBlueNinjaを使えば、従来よりもはるかに簡単にIoTの開発ができる」と述べる。

DIY型IoT開発環境 DIY型IoT開発環境(クリックで拡大) 出典:インフォテリア

 Cerevoは、今回の協業をきっかけに、BlueNinjaのカスタマイズやコンサルティングといったサービスを本格的に立ち上げたい考えだ。

イフラボには100種以上のIoT機器を配置

 報道陣に公開したイフラボは、総面積530m2に100種以上のIoT機器を配置する予定。「国内で最も市販IoT機器がそろったスペースになる」(平野氏)という。

イフラボの展示スペース イフラボの展示スペース。この他、セミナールーム、ミーティングスペース、コラボレーションスペースなどがある(クリックで拡大)

 設置されるIoT機器のメーカーを代表して、スマートロック「akerun」で知られるフォトシンス代表取締役の河瀬航大氏も会見に参加した。また、イフラボには、インフォテリアが森林保全活動で提携している熊本県小国町の「小国杉」が用いられている。

イフラボに展示されているIoT機器イフラボに展示されているIoT機器 イフラボに展示されているIoT機器。展示台は小国杉で作られている(クリックで拡大)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.