特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年11月15日 14時00分 公開

ET2016 開催直前情報:発電所のノウハウをIoTで開放、MHPSコントロールシステムズの新たな取り組み (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

重要性が増すセキュリティ領域にも注力

 さらにMHPSコントロールシステムズがET展で力を入れるのが「制御セキュリティ」である※)。IoTの活用が進み、あらゆる機器のネットワーク化が進めば、当然サイバー攻撃を受ける可能性が高まる。既に電力においては米国の電力会社のセキュリティ対策の標準「NERC CIP」をモデルとした日本版のガイドライン策定が進んでいるが、プラントや工場など他の業界でも同様の動きが進むものと見られている。

※)関連テーマサイト:制御システムセキュリティ

 これらの動きを受けて、MHPSコントロールシステムズでは、IoTのセキュリティ対策に向け「セキュアゲートウェイ」をET展で参考出展する。同ゲートウェイは情報の流れを物理的に分けて一方通行の形にすることで、制御システムの安全を守るという仕組みである。

photo MHPSコントロールシステムズが参考出品する「セキュアゲートウェイ」

 制御システムからは、同ゲートウェイに付随するプロトコル変換機で一度、全ての制御信号を一度「Modbus」に変えてから、オープンネットワークを通じて情報を送る形とする。これにより、末端情報の見える化を実現しつつ、逆に上位から末端への情報の流れを規制し、制御システムの安全を守るという仕組みである。

photo 「セキュアゲートウェイ」により制御システムを守る仕組み 出典:MHPSコントロールシステムズ

 平田氏は「制御システムのセキュリティは今後間違いなく重要になる。MHPSコントロールシステムズでは制御システムマネジメントシステム(CSMS)認証※)も取得し、先行した電力のノウハウなども生かしつつ、IoT時代のセキュリティに向けた提案を進めていく。まずはET展で市場性を見ていきたい」と述べている。

※)関連記事:制御システムセキュリティを世界で主導、世界初のCSMS国際標準認証が始動

photo 平田氏(左)と戸田氏(右)

ET 2016/IoT Technology 2016

会期 2016年11月16日(水)〜18日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 パシフィコ横浜
丸文 ブースNo.:SD-01
ET 2016/IoT Technology 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.