ニュース
» 2016年11月21日 07時00分 公開

JIMTOF2016:ファナックがIoT基盤の壮大な実演、JIMTOFで80社250台の工作機械を見える化 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

JIMTOF会場の250台の工作機械を一元表示

 今回のデモでは、まずJIMTOFに出展している80社の機械メーカーの250台の工作機械から情報を吸い上げ、その稼働状況を一元的に閲覧できるようにした。

photo 会場での稼働状況。各社の機械の稼働状況が、地図上でもリストでも表示できている(クリックで拡大)出典:ファナック

 「FIELD system」への接続は、ファナックのCNCを使っている機械であれば、そのまま利用することができる。その他の機械については、オークマのCNCを用い、米国製造技術協会(AMT)が主導する製造業向けオープン通信規格「MTConnect(MT コネクト)」経由で情報を集めた。また、三菱電機のCNCを用い、インダストリー4.0の推奨プロトコルともいわれている「OPC-UA」経由で集めるケースもあったという。

 ブース説明員は「ファナックの『FIELD system』の価値を体感してもらうとともに、多くの機械メーカーの協力を得て『オープンである』ということを強く訴えたい」と話していた。

「FIELD system」専用の産業用PCも用意

 これらと合わせて、新たに「FIELD system」との連携を強化した産業用PCの試作品なども出展した。新製品は堅牢、コンパクトでファンレスな「FIELD BASE」と、高性能で高い拡張性などを実現した「FIELD BASE PRO」である。FA環境に対応した高い信頼性と温度範囲を持つ他、「FIELD system」で今後開発が広がるアプリケーションの実行に最適化した産業用PCである点が特徴である。「2017年の発売となる」とファナックの説明員は話している。

photo ファナックが新たに開発した「FIELD system」対応の産業用PC「FIELD BASE」シリーズ(クリックで拡大)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.