特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2016年12月02日 11時00分 公開

加速するコマツのIoT戦略、「顧客志向」が成功の源泉に製造業×IoT キーマンインタビュー(3/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

コマツの考える「顧客志向」とは

MONOist ここまでのお話から、IoTを活用していく上で「顧客志向」を重視していることが良く分かります。

黒本氏 IoTで顧客の情報を集めるとさまざまなことが分かってくる。そのとき、顧客志向を深めていくと制約条件が見えてくる。IoTの活用では「自動化」というキーワードが出てくるが、顧客に喜んでもらえる自動化がどういうものかが重要だ。例えば無人ダンプトラックであれば全自動でOKだが他の製品ではどうか。IoT活用のドライバ(けん引役)になるのは「顧客志向」に他ならない。

世界トップの稼働実績を持つコマツの無人ダンプトラック 世界トップの稼働実績を持つコマツの無人ダンプトラック(クリックで拡大) 出典:コマツ

 コマツは、この顧客志向にフォーカスしてコムトラックスなどの事業展開を広げていった。気付けば今では、欧米の企業も顧客志向を掲げるようになり、世の中の大きなトレンドになっている。

MONOist 国内の製造業がIoT活用に取り組もうとしています。

黒本氏 もはやIoTは一過性のブームではない。いよいよ産業として花開く段階に入ってきた。こういった大きなスキームの転換に付いて行くのが苦手な国内製造業だが、可能性は十分あるはずだ。

 重要なのはIoTからデータを集めて、分析するところだ。そしてそこからどのような価値を顧客に提供できるか。モノを重視してきた国内製造業は、スペック競争に陥りがちだ。だが顧客はスペックではなく、自身に提供される価値を見ている。自分たちの作ったモノにほれこんだりせず、顧客志向を貫けば、IoT活用での成功につなげられるはずだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.