ニュース
» 2016年12月02日 05時00分 公開

組み込み開発ニュース:「有機ELパワー、メイクアップ!」、パナソニックの新ビューティーがシミを消す (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

メイクアップシートは分子間力で貼り付く

 非接触肌センシングの結果から、スノービューティーミラーは最適な化粧品などの改善提案を行う。この改善提案を実施する手段として練られたのが、極薄のシートを肌に貼るだけでファンデーションやコンシーラーを用いたメークと同じ効果が得られるメイクアップシートである。

 メイクアップシートは、手術などにも用いられている生体安全性を持つ極薄(厚さ100nm)シート状に、有機ELディスプレイの開発で培ったさまざまな技術を応用して、ファンデーションやコンシーラーなどを印刷する。例えば、スノービューティーミラーで測定したしみの位置から目立つしみを抽出した後、そのしみが目立たなくなるようなメイクアップシートを自動で印刷してくれるのだ。

「メイクアップシート」の概要 「メイクアップシート」の概要(クリックで拡大) 出典:パナソニック
「スノービューティーミラー」で測定したしみの位置目立つしみの位置を抽出「メイクアップシート」の印刷機 「スノービューティーミラー」で測定したしみの位置から(左)、目立つしみの位置を抽出(中央)。それを見立たなくする「メイクアップシート」を専用の印刷機で印刷する(右)(クリックで拡大)
「メイクアップシート」でしみを見立たなくするイメージ「メイクアップシート」でしみを見立たなくするイメージ 「メイクアップシート」でしみを見立たなくするイメージ。表面から見ても分からないが、しみの部分にコンシーラーを、その周辺にファンデーションを印刷している(クリックで拡大)
実は会見の説明員は全員が「メイクアップシート」を使用 実は会見の説明員は全員が「メイクアップシート」を使用。川口氏も頬の部分に貼っており、目の下にかすかにシートの線が見えている。遠くからは見分けがつかず、さらにファンデーションで隠せば全く分からなくなるという(クリックで拡大)

 極薄のメイクアップシートは、水を吹き付けるだけで肌に貼ることができる。水が必要なのは肌の上になじませるためで、水が乾けば分子間力によってシートはきれいに貼り付く(ラップフィルム同士が貼り付いて離れないのと同じ原理)。シートをはがす場合には、貼る時と同様に水を吹き付けてこすれば簡単に取れる。

 川口氏は、実用化時期について「2020年を目標にしている。ただ、CEATEC JAPAN 2016での来場者の反応では、デパートの化粧品コーナーのようなところでスノービューティーミラーで測定を行い、その場でメイクアップシートを印刷して渡したり、宅配で送ったりという要望が聞こえてきた。今後は化粧品メーカーなどと相談しながら、より早い時期での実用化につなげたい」と述べている。

メイクアップシートの基材である極薄シートを貼る様子メイクアップシートの基材である極薄シートを貼る様子メイクアップシートの基材である極薄シートを貼る様子 メイクアップシートの基材である極薄シートを貼る様子(クリックで拡大)
見る見るうちに肌になじんでいく見る見るうちに肌になじんでいく見る見るうちに肌になじんでいく 水を吹き付けて、保護用の不織布をはがすと、見る見るうちに肌になじんでいく(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.