特集
» 2016年12月07日 11時00分 公開

3大クラウドサービスの裏通りで、ひっそりと輝く組み込み業界の星々ET2016獣道レポート(4/4 ページ)

[大原雄介,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

ソニーの「MESH」が会場で販売、頑張れ「クミコ・ミライ」

 さて、話は変わるが2015年7月に一般発売されたソニーの“スマートDIYキット”「MESH」のことを覚えておられる読者はどの位おられるだろうか。2016年11月には価格改定などを行っているが、このMESHがARMブースの中に出展していた(Photo26)のみならず「MESHタグ」まで販売していた(Photo27)。販売はスイッチサイエンスが担当していたようで、ついでに「mbed」関連製品も売っていた(Photo28)。

Photo26 (Photo26)ギターの先には「動きタグ」が取り付けられている(クリックで拡大)
(左、Photo27)ET会場での製品販売はこれまでも例がないわけではないが、ちょっと珍しい。ちなみに会場特価ということでほんのちょっと(例えば「MESH Bundle 3」は1万4980円→1万4500円)安くなっていた。(右、Photo28)こちらも少しだけお安くなっていた(クリックで拡大)

 あとは一発ネタを少々。まずは日欧産業協力センターのブースで2つ。この社名(Photo29)もすごいが、ブルガリアのこちら(Photo30)は商標的に問題ないのだろうか。

Photo29 (Photo29)社名と製品または分野の間に何の関連性も見いだせない(クリックで拡大)
Photo30 (Photo30)ちなみに会社のWebサイトはこちら。これを検索中に、こんな会社のWebサイトも見つけてしまった。案外いいのかもしれない(クリックで拡大)

 STMicroelectronicsのブースでは人間型サクソフォン演奏ロボット(Photo31)の実演デモが行われる予定だったようだが、取材中はずっとメンテナンスモードに入っていた(Photo32)。筆者も最後までは居なかったので修理が完了したのかどうか知らないのだが、演奏できるようになったのだろうか。

Photo31 (Photo31)早稲田大学 理工学術院 高西淳夫研究室の「WAS-4R」(クリックで拡大)
Photo32 (Photo32)ET2016での公開に向けてメガネを掛けたり服を着たりと若干の改良(?)が施されている。筆者は初日と2日目の昼過ぎまで会場に居たが、その間は演奏されていなかった気がする(クリックで拡大)

 それと、JASA(一般社団法人組込みシステム技術協会)特設パビリオンでは、2014年のET展からイメージキャラクターとして「クミコ・ミライ」を登場させておいる。今回はクミコ・ミライがお2人でパンフレットを配っておられたが(Photo33)、何と言うか参加者の皆さんが普通にスルーしている印象があったのはちょっと残念であった……。

Photo33 (Photo33)なんというか「ESEC」などと比べても年齢層がやや高めな印象を受けるETには、むしろ、なまはげとかの方がよかったのかもしれない(クリックで拡大)
ET 2016/IoT Technology 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

IoT | 組み込み | 組み込みシステム | Embedded


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.