ニュース
» 2017年01月16日 07時00分 公開

「シャレード デ トマソ」のDNAは途切れない? ダイハツがホットハッチに前向き東京オートサロン2017(2/2 ページ)

[齊藤由希,MONOist]
前のページへ 1|2       

DNA室の「DNA」は「ダイハツ・ならでは・新しく」

 今回の東京オートサロンで、ダイハツ工業は4つのテーマのカスタマイズで、合計11台のコンセプトカーを出展した。「スポーツモデルだけでなく、カスタム、山や海での趣味、(東京オートサロンでは出展していないが)商用車まで、フルラインアップで対応でき、実用性やエコ以外のクルマも選べるメーカーであることをアピールする」(藤下氏)ためだ。

 フルラインアップをそろえる幅広さを武器に、トヨタ自動車の小型車を担う存在として生き残っていきたいと藤下氏は話した。「小さいクルマ(軽自動車)から大きいクルマ(小型車)を作ることができるのは、ダイハツとスズキだけだ。小さいクルマを作る時に価格と性能、楽しさのバランスを取れる強みは、日本国内だけでなく、新興国を含め海外でも生きる。小型車を作る上で、大きいクルマ(中上位セグメント)を小さく落とし込むだけではできないことが必ずある」(藤下氏)。

 藤下氏が室長を務めるブランド・DNA室の「DNA」は、「ダイハツ・ならでは・新しく」と、遺伝子のDNAをかけている。「ダイハツならではの強みをDNAとして残すだけでなく、今の時代に新しいモノとして出していきたい。それをもっと明確に皆さんに分かってもらえるようにしたい」(藤下氏)。ホットハッチのDNAはどのように引き継がれていくのか。

ムーヴ カスタムトールタント カスタム 専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで存在感を高めた「Grand Custom(グランド カスタム)」。ベース車両はムーヴ カスタム(左)トール(中央)タント カスタム(右)(クリックして拡大)
リアホイール リアやホイールもギラギラ仕様(クリックして拡大)
ブーンムーヴ キャンバス 生活を緩くのんびり楽しむ「Beach Cruisin(ビーチ クルージン)」。ベース車両はブーン(左)ムーヴ キャンバス(右)(クリックして拡大)
フロントサイドミラー 木目調やメッキパーツがかわいらしい(クリックして拡大)
アクティバウェイク足元 アウトドアなアクティブ感を持たせた「CROSS FIELD(クロス フィールド)」。ベース車両はキャスト アクティバ(左)とウェイク(中央)。さまざまな質感を組み合わせている(右)(クリックして拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.