ニュース
» 2017年02月08日 11時00分 公開

ソリッドワークスがスマート製造に踏み出す、CAMソフトを標準搭載へSOLIDWORKS World 2017(3/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

「3Dエクスペリエンスプラットフォーム」との連携は必須

 ダッソー・システムズのモニカ・メンギニ氏は「ソリッドワークスにとって最優先されるのは製品のデザインだろう。しかしそのためにはエクスペリエンスシンキングが重要になる。デザインとはビジョンであり、デザイナーの仕事は、設計したモノがどのように使われていくかを考えるビジネスモデラーになっていく。そのためにも、3Dエクスペリエンスプラットフォームとの連携は必須になる」と語る。

ダッソー・システムズのモニカ・メンギニ氏ダッソー・システムズのモニカ・メンギニ氏 ダッソー・システムズのモニカ・メンギニ氏(左)はエクスペリエンスシンキングが重要になると語った(右)(クリックで拡大) 出典:ソリッドワークス

 ダッソー・システムズのベルナール・シャーレス氏も「以前からダッソー・システムズは、バーチャルとリアルの距離を縮めるという野望を持っていた。シンガポールの都市全体の設計を3Dエクスペリエンスプラットフォームで行っていることは、その代表的な事例になるだろう。建築の革命であり、もはやイリュージョンではない」と述べている。

ダッソー・システムズのベルナール・シャーレス氏「3Dエクスペリエンスプラットフォーム」で行っているシンガポールの都市設計のイメージ ダッソー・システムズのベルナール・シャーレス氏(左)と「3Dエクスペリエンスプラットフォーム」で行っているシンガポールの都市設計のイメージ(右)(クリックで拡大) 出典:ソリッドワークス

 またシャーレス氏が「今から20年前、ダッソー・システムズと一緒になることを決めた時、ソリッドワークスがまだ社員50人くらいのベンチャーだったことを思い出した」と、買収当時を振り返る一幕もあった。

取材協力:ダッソー・システムズ

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.