特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
特集
» 2017年02月23日 13時00分 公開

スマートファクトリー:プラントでも加速するIoT、ハネウェルが「つながる工場」訴求 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

カギを握るサイバーセキュリティ

 これらの「つながる世界」のカギを握る技術の1つが「サイバーセキュリティ技術」である。HPSでは、独自の6つのサイバーセキュリティ技術を保有。「プロセスオートメーション企業としてプラントオーナーがまずは安心して接続できる環境を整えることが最重要である」とカプール氏は語る。

 マイクロソフトやパロワルトネットワークスなどの企業と一部でパートナーシップを結んでいるが、基本的には独自開発した6つの技術を活用。「監査と改善」「安全なネットワーク更新」「アプリケーションホワイトリスト」「リスクマネジャー」「安全なメディア交換」「管理されたセキュリティサービス」を展開する。さらにサイバーセキュリティスペシャリストを日本に配置し、支援を強化する。

 「ハネウェルの強みはプロセスオートメーション。現場で使いやすく分かりやすい形で情報表示や警告、指導、教育などが行えることが特徴だ。ICTセキュリティの最先端の技術については専門セキュリティベンダーとの協業なども検討するが、現場にどう伝えるのかというところで特徴を出していく」(説明員)としている。

photo 包括的なプラント向けサイバーセキュリティを提供(クリックで拡大)出典:ハネウェル

メンテナンスの改善も

 さらに、効率化が遅れているメンテナンスの効率化にも取り組む。変更管理や機器構成などのマネジメントソフトウェア「Honeywell Trace」をリリースする他、システムのモニタリングやネットワークパフォーマンスの健全性を確認する「Performannce Analyzers」を展開する。カプール氏は「デジタル化されたワークフローにより生産性や透明性、安全性の向上が実現できる。設備のメンテナンスの手法は20年以上前から旧態依然として変わっていない。デジタル化を実現することで効率化を進めていく」と述べている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.