特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2017年02月27日 11時00分 公開

IoT観測所(30):音声認識の覇権を握る「Amazon Alexa」、逆転の余地はまだある? (2/3)

[大原雄介,MONOist]
写真4 写真4 ちなみにURLを含められるが、URLは2000文字以内。返答のカードはタイトルや見出し、URLも含めて全部で8000文字以内という制限がある

 余談ながら、音声のみを返すのはAmazon Echoの様な音声入出力デバイスが前提だからで、例えばスマートウォッチやタブレット端末、Fire TVのように画面を持つデバイスの場合には、同時に画像を返すなんてこともできる。

 Alexa Skills Kitの紹介ページは、Tide Pooler(指定した都市の潮の満干を答えるSkill)を例にとって説明しているが、このページの下の方にはもう1つ、画像付きの返事(写真4)を作る例が紹介されている。

 このカードは、以下のリスト1として記述される。

{
  "version": "1.0",
  "response": {
    "outputSpeech": {"type":"PlainText","text":"Your Car-Fu car is on the way!"},
    "card": {
      "type": "Standard",
      "title": "Ordering a Car",
      "text": "Your ride is on the way to 123 Main Street!\nEstimated cost for this ride: $25",
      "image": {
        "smallImageUrl": "https://carfu.com/resources/card-images/race-car-small.png",
        "largeImageUrl": "https://carfu.com/resources/card-images/race-car-large.png"
      }
    }
  }
}
リスト1

 するとスマートウォッチは音声で「あなたが乗る予定のクルマ(おそらくタクシーとかUberとか、その類のクルマだろう)は現在123メインストリートを走行中です。費用は25ドルを予定しています」と「英語で」発声してくれる。その際にスマートウォッチの画面には、この乗るべきクルマの画像が出ているというわけだ。

「Skills」の数は13から6000超に急増

 さてこうなると、どんなSkillが用意されているのかで「何ができるか」が変わってくる。Echoを発表した当時は、このSkillがわずか13しかなかったのが、AVSとAmazon Skills Kitを開発者に公開した結果、2016年には1000以上のSkillが「Alexa Skills Store」に登録されているという※)

※)原稿執筆時点(2017年2月上旬)で数えたら6148個の登録があった。ただし中には“null”になっているのもあり、そこそこ抹消されているものも見受けられるので、全体ではここまでの数は無いと思われる。

 このSkillsを利用する(それこそ先ほど紹介したAlexa Skills Storeのページで、Skillを選んでそこで“Enable”を押すと利用できるようになる。もっとも当然有償のものもあるので、無条件に利用できるわけではない)ことで、手元のAlexa対応デバイスに新しい機能を追加できるという寸法だ。

 もちろん、新規にSkillを作ることもできる。Skillsは現在、大別して3種類が用意されている。

  • Smart Home Skills
  • Flash Briefing Skills
  • Custom Skills

 一番分かりやすいのがSmart Home Skillsで、例えば照明のオン/オフとか輝度調整、温度の上げ下げといった家電の制御に向いたSkill Setで、ここに自身の製品向けのSkill adapterを追加するだけでよい。例えば自社のエアコンの細かい調整機能もAlexaから操作できるようにしたければ、この部分の追加コードをSkill Adapterとして記述し、登録すればよい。

 Flash Briefing Skillsは、ユーザーが「Give me my flash briefing」とか「Tell me the news」などと言った時に、そのユーザーの好みにあったニュースなり情報なりを適時送り出す仕組みである。この場合開発者は、どんなニュースなり情報なりを、どんな風に送り出すかをカスタマイズできる。

 最後がCustom Skillで、それこそピザのオーダーからゲームまで、好きな機能を好きなように追加することができる。実際にCES 2017で展示された、700ものAlexaデバイスの多くが、Custom Skillを自社で追加して、さまざまなサービスをAlexa経由で利用できるようにしている。

 連載第23回で「Google Home」を紹介したが、Alexaは、これをGoogleやAppleに先駆けて実装し、それをDeployすることに成功した、と書いてしまっても問題は無いだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.