ニュース
» 2017年03月09日 14時00分 公開

組み込み開発ニュース:トヨタやファナックも使っている“組み込みAI”が「Pascal」世代に進化 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

開発ボードは599米ドル、量産ボードは399米ドル

 Jetson TX2の開発キットは2017年3月14日に米国と欧州で発売する。アジア太平洋地域では同年4月以降の発売となる。価格は、一般向けが599米ドル、教育向けが299米ドル。Jetson TX1の開発キットの価格は、Jetson TX2の投入に対応して一般向けで499米ドルに値下げする。

 量産ボードは2017年4〜6月期以降に入手可能になる。価格は1000個以上の購入時で、1個当たり399米ドル。

「Jetson TX2」の開発キット「Jetson TX2」の量産ボード 「Jetson TX2」の開発キット(左)と量産ボード(右)(クリックで拡大) 出典:NVIDIA

 また、Jetson TX2に併せて、最新のSDK(ソフトウェア開発キット)「JETPACK 3.0」も発表している。

「Jetson TX1」と「JETPACK 3.0」を用いた画像認識のデモ構成「Jetson TX2」と「JETPACK 3.0」を用いた画像認識のデモ構成 「Jetson TX1」と「JETPACK 3.0」を用いた画像認識のデモ構成は消費電力が10W(左)。「Jetson TX2」と「JETPACK 3.0」の組み合わせであれば、2つのカメラ入力に対して画像認識を行うことが可能。ほぼ2倍分の処理を行っているにもかかわらず、消費電力は12Wで済むという(右)(クリックで拡大) 出典:NVIDIA

 “組み込みAI”を掲げて展開してきたJetson TX1だが、ユーザーは着実に増加している。NVIDIA Tegra事業の副社長兼統括マネージャーを務めるディープゥ・タッラ(Deepu Talla)氏は、シスコシステムズ、ファナック、トヨタ自動車のサービスロボット事業などに採用されていることを明らかにした。

「Jetson TX1」などの採用事例 「Jetson TX1」などの採用事例。左上から、シスコシステムズ、ファナック、トヨタ自動車のサービスロボット事業などが並んでいる(クリックで拡大) 出典:NVIDIA
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.