特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年03月31日 07時00分 公開

組み込み開発ニュース:坂村健氏が東洋大の情報連携学部で実践する「IoS」時代の教育 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

「人もモノも区別なくオープンなAPIで全てが自動連携できる世界」

 INIAD Hub1は建築家の隈研吾氏が設計しているが、建築設備や内装、総合プロデュースは坂村氏が担当している。坂村氏は1989年に提案した「TRON HOUSE」を皮切りに、住宅やビルに組み込みソフトウェアやITを生かす取り組みを進めてきた。

 坂村氏が監修し、東京大学の敷地内で2014年5月に完成した「ダイワユビキタス学術研究館」もIoTビルだが「実際に作ってみてさまざまな課題が見つかった。INIAD Hub1はその知見が生かされている」(同氏)という。

 TRON HOUSEから約30年の間、半導体技術の進化、ネットワーク技術の進歩、無線化、そして通信コストの大幅な低減によって、IoTの枠組みで語られるように、人とモノが全てつながるようになる。坂村氏はこれを「Aggregate Computing Model」と定義しており、同モデルでは人もモノも区別なくオープンなAPIで全てが自動連携できる世界になるという。

「TRON HOUSE」を皮切りに約30年をかけた取り組みの中での変化とは 「TRON HOUSE」を皮切りに約30年をかけた取り組みの中での変化とは(クリックで拡大) 出典:東洋大学
半導体技術の進化ネットワーク技術の進歩無線化 半導体技術の進化(左)、ネットワーク技術の進歩(中央)、無線化(右)が起こった(クリックで拡大) 出典:東洋大学

 坂村氏は「この世界では、スマートフォンアプリによるモビリティサービスを使う場合、呼び出したクルマが自動運転車であっても、人間が運転する自動車であっても、同じ『移動』というサービスを利用することになる。つまり、オープンなAPIの先にあるのが、人なのか、モノなのか、ビルなのか、組織なのかは重要ではなく、それらが提供するサービスの連携こそが重要になる。これはもはやIoTではなく、IoS(サービスのインターネット)だ。INIAD Hub1は、IoS時代に向けた教育の場になる」と述べている。

モビリティサービス本質はそれらが提供するサービスの連携IoS(サービスのインターネット) モビリティサービスは、人間が運転する自動車でも、自動運転車でも、「移動」というサービスは同じ(左)。APIの先に何があったとしても、本質はそれらが提供するサービスの連携(中央)。そういったIoS(サービスのインターネット)時代に向けた教育を、「「INIAD Hub1」で行うことになる(右)(クリックで拡大) 出典:東洋大学
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.