ESEC2017
ニュース
» 2017年05月10日 11時00分 公開

製造業IoT:ソラコムの新料金は従来比6分の1の月額50円!? LoRaWANの普及加速でも一手 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

LoRaデバイスの認証をオープン化

 ソラコムは、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの有力候補の1つとして知られるLoRaWANへの取り組みを進めている。2017年2月には正式に「SORACOM Air for LoRaWAN」としてサービスを開始した(関連記事:LoRaWANの商用利用を開始、ゲートウェイ1台当たり年間15万円で導入可能)。

LoRaWANの特徴 LoRaWANの特徴(クリックで拡大) 出典:ソラコム

 ただし、SORACOM Air for LoRaWANについては、末端の機器側でLoRaWANの通信を行うLoRaデバイスと、各LoRaデバイスからの通信をとりまとめるLoRaゲートウェイは、ソラコムが検証済みのレファレンスプラットフォーム(エイビット製)しか利用できなかった。しかし「顧客から他のLoRaデバイスも併せて使いたいという要望があった」(玉川氏)ため、SORACOM Air for LoRaWANと接続可能なLoRaデバイスの認証をオープン化することとした。

 2017年5月10日からLoRaデバイスの登録申請の受付を開始するが、現行のエイビット製を含めて6社のLoRaデバイスがSORACOM Air for LoRaWANに対応することが決まっている。内訳は、LoRaの通信機能を持つ部品である「LoRaWANモジュール」が4社、アンテナなどを含めた半完成品状態の「LoRaWANエンドデバイス」が2社となっている。

「LoRaWANモジュール」「LoRaWANエンドデバイス」 SORACOM Air for LoRaWANに対応予定のLoRaデバイス。「LoRaWANモジュール」が4社(左)、「LoRaWANエンドデバイス」が2社(右)(クリックで拡大) 出典:ソラコム

 SORACOM Air for LoRaWANでは、LoRaゲートウェイを自社で所有せずにユーザー間で共有する「共有サービスモデル」を用意している。現在、共有サービスモデルのLoRaゲートウェイは国内に約30台あるという。玉川氏は「LoRaWANの普及に向けて、LoRaデバイスの認証のオープン化や、共有サービスモデルは重要な役割を果たすだろう。IoTに最適なLPWAネットワークに注目が集まる中、LoRaWANの進展にも確かな手応えを感じている」と述べている。

共有サービスモデルのLoRaゲートウェイの位置は「SORCOM LoRa space」で確認できる 共有サービスモデルのLoRaゲートウェイの位置は「SORCOM LoRa space」で確認できる(クリックでWebサイトへ) 出典:ソラコム

 なお、ソラコムは「第6回 IoT/M2M展」(2017年5月10〜12日、東京ビッグサイト)に16社のパートナー企業と共同で出展し、新サービスやLoRaWANに関する取り組みなどについて紹介する予定だ。

ESEC2017&IoT/M2M展 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.