特集
» 2017年05月24日 06時00分 公開

「カロセリ」「シート表皮張り替え」、インドネシアの個性豊かな出展社新興国自動車事情(6)(4/4 ページ)

[古庄速人,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

シート表皮の張り替えが人気

 インドネシアのモーターショーで特徴的な出展社は、カロセリ以外にもあります。シート表皮を取り扱うメーカーや、表皮の張り替えを手掛けるショップが幾つもブースを構えるのです。どこもビジネスの中心は合成皮革を用いた張り替え需要で、二輪車や四輪車のカスタマイズから観光バスの座席まで、幅広い顧客を持っています。自由に染色できる合皮ならではのビビッドな色彩は、南国らしい華やかさが感じられるものです。

シート表皮メーカーや、シートのカスタマイズを手掛けるショップのブースには、最新の商品やデモ用に製作したカラフルなシートがディスプレイされる。他国のモーターショーではあまり見られない、インドネシア特有の光景だ(クリックして拡大)

 ただし近年は、どのショップからも「ビジネスがだんだん厳しくなってきている」という声が聞かれます。理由を聞くと、そろって口にするのは「自動車メーカー純正のオプションパーツやアクセサリーが充実し、それをディーラーで購入して満足してしまうユーザーが増えてきているから」ということ。そこで自社製品をブランド化し、住宅インテリアなどにも採用できることをアピールするといった試みをするショップも出てきています。

 国を挙げて自動車産業の発展と洗練を目指すことは、素晴らしいことです。ただしその一方で、こうした地元ユーザーのローカルな感覚に基づく独自の文化が廃れていってしまうことは、寂しくもあります。これはインドネシアに限ったことではありませんが、グローバル感覚とローカル感覚の双方がバランスよく、ともに成長できるものであってほしいと思います。

筆者プロフィール

古庄速人(ふるしょうはやと)

工業デザイナーを目指し、専門学校の自動車デザイン学科に入学。修了後はカーデザイン専門誌の編集に携わりながら、フリーランスのライターとしても活動を開始。現在は自動車関連誌や二輪誌、Webメディアなどで記事やコラムを執筆中。技術と感性の双方の視点から、さまざまなトランスポーテーションのデザインをチェックしている。また新しい「乗り物」や新興国のモータリゼーションに強い興味を持ち、世界各国のモーターショーやモーターサイクルショーの視察を続けている。日本カーデザイン大賞の選考委員も務める。



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.