特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2017年05月30日 13時00分 公開

いまさら聞けない第4次産業革命(13):インダストリー4.0の地味化はいい傾向?悪い傾向? (2/3)

[三島一孝,MONOist]

インダストリー4.0が地味化した?

 さて、ドイツは展示会大国ともいわれていますが、前回取り上げた「CeBIT2017」の翌月である2017年4月24〜28日には「ハノーバーメッセ2017」が開催されました。矢面さんは、CeBIT2017に続いて、ハノーバメッセ2017にも参加できたようですよ。

photo

印出さん、こんにちは。CeBITに続いてハノーバーメッセにも行かせてもらうことができたんです。印出さんも参加したんですってね。


photo

私は毎年行っているもの。矢面さんが行くのが分かっていれば向こうで会えたかもしれないわね。


photo

そうですよ。言ってもらっていれば注目のポイントとか向こうで聞けたのに。今日来なくても良くなったのに。


photo

あら、残念。というか、今日はそれを聞きに来たの?


photo

そうなんですよ。行って面白いものはいくつかあったんですけど、全体のポイントがよく分からなくて。印出さんなら分かるかなあと。


photo

いろいろな展示があるので私もなんとも言えないところはあるけど、全体の雰囲気を一言で表すとすると「地味」だったわね。


photo

えー。そういう印象なんですか。


photo

いや、ネガティブな話ではないのよ。現実的で地に足が付いた提案が増えてきたなという意味なの。


現実的な課題をクリアしていくフェーズに

 ハノーバーメッセでインダストリー4.0の概念が提唱されたのは2011年のことで、丸6年が経過したことになります。当初はドイツ国内でも半信半疑でしたが、2013年末にロードマップなどが示されるようになってから、急速に現実味を帯びてきました。

 ただ、2014年や2015年は「そもそもインダストリー4.0とは何か」に大きな注目が集まり、その中で「理想像」を描くような展示が多く出展されました。

 インダストリー4.0で描かれる理想の生産システムはマスカスタマイゼーションだとされています。エンドユーザーから注文が入った時点で、製造を行うロボットや製造装置が自律的に判断して生産内容を変更し、注文品を自動で作るようにするという世界です。2015年頃のハノーバーメッセでは、これらを解決するような「高度な自動化」への展示への関心が集まりました。例えば、インダストリー4.0プロジェクトにおける技術イニシアチブ「スマートファクトリーKL」が出展したモジュール型の生産ラインや、シーメンスが出展した香水のBTO製品自動生産ラインなどがそれに当たります※)

※)関連記事:インダストリー4.0が目指す“一段上”の自動化

photo シーメンスが出展した香水BTO製品の自動化生産ライン

 2016年も同様の出展が続いた一方で、徐々に課題部分が注目を集め始めました。中小製造業のIoT化が課題であることが強く指摘されたのも2016年のハノーバーメッセからでした。ロボットやカスタム製造ラインなどを用いて、カスタム製品の自動化ラインの構築は大きな理想ではありますが、現実的にこれを製造業として導入しようとした場合、エンジニアリングチェーンのシステム構築や、営業体制なども含めたビジネスモデルなども含めた大きな体制変更が必要になり、一朝一夕でできることではありません。また新たなビジネスを立ち上げるリスクも大きく、大企業であってもそうそう踏み切れるものではありません。

photo

理想像を描き、目指す方向性示してきたのがここ数年のハノーバーメッセだったとすると、2017年は、理想は理想として置いておいて、現実を示したといえるかしら。


 こうした流れから、より現実的で今すぐにでも役立つという展示が増えたことが「地味」な印象へとつながったといえます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.